[CML 034691] 安倍政権の超悪政はむろん「人が人たるに値する生活」にまで及んでいる ――その具体論としての義家弘介議員の「桃太郎」論批判及び「8時間労働制の撤廃」問題と「生活保護法改悪」問題

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2014年 10月 27日 (月) 20:17:44 JST


安倍政権の超悪政は秘密保護法制定、集団的自衛権閣議決定、消費税増税の問題に留まらず、教育、労働、社会福祉
分野などなどの分野でも根こそぎの改悪化がすすめられています。首相安倍が総理大臣に就任して以来一貫して主張し
てきた「戦後レジームからの脱却」は、憲法第9条に代表される「戦後思想」の全面的破壊と「人が人たるに値する生活」
をする権利の全分野にわたる破壊の謂いであったことはいまや一切の弁明は通用しないほど完膚なきまでに明らかにな
っています。

今日の報道、ブログ記事もそのうち「人が人たるに値する生活」に関わる問題について次のような切実な記事を掲げてい
ます。まず、安倍政権の「働き方改革」という名の8時間労働制の撤廃と労働者派遣法改悪に関わる問題について。

(略)

次に生活保護法改悪に関わる問題について。

忘れられないメールがある。福岡県の女子高生が一年余り前、東京都内の市民団体代表に送ったものだ。「私の人生は
普通の高校生が送ってきた人生とは、かなり懸け離れていると思います」と始まる。(略) 



さらに次に教育問題に関わって、極右思想の持ち主、元ヤンキー先生こと義家弘介・自民党衆院議員の陋劣、幼稚な作
家の池澤夏樹さんの「桃太郎」論批判について。以下、この問題についての住友陽文さん(歴史学者)の義家弘介議員批
判と同氏の池澤夏樹さんの「桃太郎」論批判の抜粋。

以下、省略。全文は下記をご参照ください。
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-1045.html


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/ 



CML メーリングリストの案内