[CML 034673] 沖縄県知事選にあたっての文団連のアピール

kimihiko ootsuru kimihiko_ootsuru at yahoo.co.jp
2014年 10月 26日 (日) 20:06:50 JST


  
各位
 
文団連は10月24日の幹事会で以下のような沖縄知事選に連帯するアピールを採択しましたのでお知らせします。
合わせてその実践として11・4(日)には映画の上映を行います。
映画「ひまわり~沖縄は忘れない あの日の空を」の上映とお話(「ひまわり」製作者 桂壮三郎) - http://ptix.co/1CIAsd6
是非ご参加下さい。

以下アピールです。
 ーーー
 
沖縄県知事選にあたってのアピール
 
沖縄にとっての歴史的決戦であるだけでなく、日本の進路にも重大な影響を与える沖縄県知事選挙が、10月30日告示、11月16日投票でたたかわれます。
 今度の選挙は、保守・革新・無党派など政治的立場を超えて県民総意と団結を広げる「オール沖縄」と新基地建設強行の米日政府が後押しする勢力との対決です。
 昨年1月、沖縄全41市町村の首長、議会議長、県議会代表などが「オスプレイの配備撤回、米軍普天間基地の閉鎖・撤去、県内移設反対」という「オール沖縄」の願いをまとめ上げた「建白書」を安倍首相に提出しました。 
世論調査でも、辺野古への移設作業中止が80%を超えているにもかかわらず、安倍内閣は、沖縄県民の声と批判に耳を傾けず、基地建設を強行しています。
 安倍政権の暴挙に沖縄県民の怒りは、日増しに高まり、辺野古での抗議行動が連日続けられ、現地での抗議集会には、多くの県民が結集しています。
こうした中で辺野古新基地問題を最大の争点としてたたかわれる今回の県知事選挙は、「建白書」の実現を求める「オール沖縄」を代表するオナガ雄志候補を先頭に、文字通り県民ぐるみのたたかいがくりひろげられています。
文団連は、「日本の平和と独立・民主主義と生活を守り、それを破壊するものとたたかいます」(会則)と謳い活動をすすめています。
私たちは、辺野古新基地に反対する「オール沖縄」のたたかいに連帯し、基地の県内移転を許さず、「建白書」実現のため県民本位の県政を実現しようと県民の先頭に立って奮闘するオナガ雄志候補の勝利を願っています。
沖縄に心を寄せ、選挙勝利の活動への参加、支援カンパ等奮闘する決意です。
  
2014年10月24日              
文化団体連絡会議(文団連)幹事会ーーー
文化団体連絡会議(文団連)http://bundanren.jimdo.com/
◦豊島区南大塚1-60-202 詩人会議内
◦幹事団体 安保体制打破新劇人会議 音楽文化集団ともしび 詩人会議 新日本歌人協会 新俳句人連盟 全国労音  日本のうたごえ全国協議会 日本民主主義文学会 日本映画復興会議 日本美術会 美術家平和会議
以上です。

文団連広報担当
大津留公彦
大津留公彦のブログ2
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/
twitterkimihikoootsuru
facebook 大津留公彦


CML メーリングリストの案内