[CML 034620] 今日の言葉 ――財務省が目論む40人学級復活の暴挙は阿部の指図とソロバンだけをはじくことを使命とした自分の力だけで財務省のエリートになったんだという思い上がった財務官僚の発想

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2014年 10月 23日 (木) 18:55:36 JST


「弁護士猪野亨のブログ(2014/10/23)から。
http://mizukith.blog91.fc2.com/

      財務省が目論む40人学級復活の暴挙。小学1年生から35人学級が実現しましたが、これを揺り戻そうとする動きが
      財務省から出てきました。何と教育効果がないから40人学級に「戻す」だそうです。その根拠とするところが財務省が
      調査した35人学級にしたことの効果ですが、いかにも役人らしい滑稽な分析です。「いじめの件数について、導入前
      よりも導入後の方が増えた 10.6% → 11.2%」「暴力行為についても 
3.9%→ 4.5%」「不登校 4.7% → 4.5%」。このような
      数字いじりでもって35人学級の効果がないというような発想で教育行政を語るのはあまりに役人らしい、ソロバンだ
      けをはじくことを使命とした人たちの発想でしかありません。いじめの件数にしても、暴力行為にしても、社会的な背
      景があるわけで、これをたかだか5人の定員を減らしただけで、明らかな効果など出るはずがないでしょう本来であ
      れば、目指すは25人学級であり、35人学級は、それに向けた第一歩に過ぎません。その第一歩が効果がないと騒
      ぎ立てる財務省やそこに所属する役人の発想は、あまりに非人間的です。その本音は、貧乏人に対する教育費な
      ど無駄だから使いたくない、どうせ馬鹿な子どもにカネを掛けても無駄だよ、効果なんてないだろと言っているのです。
      子どもの置かれている家庭環境は差が大きいのが現状ですから、少しでも子どもたちにきめ細かく手が届くような教
      育は不可欠です。より充実することこそ求められているのに、財務省の発想は将来ある子どもを切り捨てるだけの、
      極めて冷酷な政策です。所得格差が教育格差を生んでいるとも言われていますが、小学校で25人学級を実現する
      だけでは足りず、小学校入学前の幼児の段階から手を差しのべることも当然に求められているのです。多くの子ど
      もたちが置かれている環境は一切、眼中になく、自分の力だけで、財務省のエリートになったんだという思い上がっ
      た発想が財務官僚の実像です。40人学級の「復活」によって教員を4000人削減できるということですが、発想は、こ
      のようなソロバン勘定だけなのです。

      引用者注:上記で猪野弁護士が指摘する財務省のこうしたの目論見は、「『先生1.8万人減らせる』 財務省が『機
      械的に』試算」(朝日新聞 2014年10月23日)で指摘されている問題や昨日の「今日の言葉」でとりあげた中教審の
      「道徳」教育導入の答申問題などの一連の動きの一環とみなされるべきものです。首相阿部はこの国をどこまで壊
      そうとしているのか。
      http://www.asahi.com/articles/ASGBQ53X0GBQULFA01J.html



東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/ 



CML メーリングリストの案内