[CML 034615] 【ぜひ、ご賛同を!】宛先:アメリカ合衆国大統領、バラク・オバマ様:絶滅危惧種のハヤブサや野花の生息地である経ケ岬(京都府京丹後市)に建設中である米軍基地の環境影響調査をアメリカ合衆国政府に求めます。

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2014年 10月 23日 (木) 10:25:45 JST


宛先:アメリカ合衆国大統領、バラク・オバマ様

絶滅危惧種のハヤブサや野花の生息地である経ケ岬(京都府京丹後市)に建設中である米軍基地の環境影響調査をアメリカ合衆国政府に求めます。
http://www.change.org/p/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%A…#

発信者
志久内 陽子
日本

Xバンドレーダー基地は弾道ミサイル戦争に備えたアメリカ本土防衛のための迎撃システムの一部である。この事業計画では160名の米軍人軍属を配置し、本年12月に稼動予定と報道されている。しかし環境保護に関心をもつ地球市民や京都の住民は、これまでこの基地建設計画による環境影響調査について、まったく知らされていない。現在、こうした不可欠の手続きなしに、工事が急速にすすめられていることに、私達は強い危惧をいだいている。

予定地の京丹後市一帯は、古代からの1500年以上の歴史文化とその遺産を誇っている。豊かで美しい屈指の景観をもっており、「京都の自然200選」に選ばれ、農漁業やレジャーでも賑わう土地である。しかも基地に三方を包囲される九品寺は昔からの信仰対象である。直下の穴文殊と呼ばれる洞窟は、京都府レッドデータ(地形)に指定されている。

このあたりはまた政府・農林省の「棚田百選」に選ばれた田園地域である。さらに基地予定地の沿岸は国定公園であり、山陰海岸ジオパーク(ユネスコの自然学習公園)にも指定されている。

ここは環境省絶滅危惧種のハヤブサの営巣が知られ、野鳥観察者が訪れるところである。植物ではエゾミソハギやノハナショウブなどが京都府レッドデータ(植生)にあげられている。この地は生物多様性や生態系の存続に最大の注意を払わねばならない繊細な環境である。

NEPA(国家環境保存法)の規定により米連邦政府は、その事業に厳しい環境保護と環境影響調査の責任を課せられている。調査は騒音・電磁波・水質の影響調査だけで済ますことはできない。在日米軍は独自の在日米軍環境基準(JEGS)を作成し、基地周辺の歴史や文化や生物資源など広範な環境調査や保全に関する実施事項を制定している。在外米軍は太平洋のマーシャル諸島共和国に対し、同様の対ミサイルレーダー基地計画について、膨大な環境調査を行い、その影響を検討し詳細な報告書を公開している。

合衆国市民の税金による日本でのこの事業の計画・実施に関わる環境影響調査については、連邦政府諸機関の責任で、米国市民および日本市民に知らされるべきである。どのような影響やリスクがあるのかが説明され、市民の意見が集約されるまでは、工事の中断・延期または中止の選択が緊急に検討されねばならない。わたしたちは市民として、自国政府の国境を越えた事業に対して声をあげ、地球環境への責任を果たしたいと願うからである。

どうかご賛同とご協力をお願いいたします。

呼びかけ人 石野 はるみ 志久内 陽子 マーサ・メンセンディーク 

参考資料 REFERENCES
京都新聞記事Kyoto Newspaper (日本語 Japanese)
Xバンドレーダー特集 「揺らぐ平和と記憶  米軍Xバンド基地から」連載5回 2014年 8月25日  1.機密のベール  津軽に見る京丹後の未来  当局説明に不安拭えず 8月26日  2.防衛マネーの村  「民生安定」へ懐柔のアメ 抵抗すればムチに急変 8月28日  3.地位協定  日本の法令適用せず着工  緊急・救助ヘリに影響も 8月29日  4.地権者の苦悩  お金が契約理由ではない 拒否すれば強制収用も 8月31日  5.秘密拡大 性能や実績 絶対言えない 壁厚く本当の姿見えず
国防省ミサイル防衛局 U.S. Department of defense,  Missile Defense Agency
(英語 English)http://www.mda.mil/system/system.html  
レイセオン社 Raytheon Company(英語 English)
http://www.raytheon.com/…/docum…/digitalasset/rtn_134408.pdf   
http://www.raytheon.com/capabilities/products/antpy2/  
国家環境保存法 NEPA (英語 English)http://www.epa.gov/compliance/nepa/  
JEGS 在日米軍環境管理基準
http://www.mod.go.jp/j/approach/chouwa/2012_jegs/ (日本語 Japanese) http://www.usfj.mil/Documents/References/JEGS/2012Japan Environmental Governing Final.pdf (英語 English) 
ミサイル防衛環境調査報告書・マーシャル諸島共和国環境調査(英語 English)Environmental Archive by MDA U.S. Army Kwajalein Atoll (USAKA) 
http://www.mda.mil/news/environmental_archive.html 
環境省レッドデータブック ハヤブサ(日本語 Japanese)
Ministry of Environment Red Data book Falco Peregrinus
http://www.biodic.go.jp/rdb_fts/2000/73-046.html
環境省レッドデータブック Ministry of the Environment Red Data Book
(日本語 Japanese)http://ja.wikipedia.org/wiki/レッドデータブック_(環境省)
京都府レッドデータブック Kyoto Prefecture Red Data Book (日本語Japanese)
http://www.pref.kyoto.jp/kankyo/rdb/
経ケ岬のハヤブサ Kyoto Kyogamisaki Falcon 京丹後市観光協会  経ケ岬のページ  (日本語Japanese)
http://www.kyotango.gr.jp/…/kyotango-tourist-attractions/na… 320;185
地元住民の声 Voice of the Kyoto Citizens  (日本語Japanese) :
 「米軍基地建設を憂う宇川有志の会」 https://ja-jp.facebook.com/ureukai  
「スワロウカフェ@京都」http://blog.livedoor.jp/noarmydemo/archives/35140690.html 
「米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会」  
http://no-xband-radar.jimdo.com/チラシ-資料/  
「防衛省の米軍Xバンドレーダー基地 住民説明会資料」 (日本語Japanese)
Ministry of Defense  Explanatory Meeting for neighborhood  
http://blog.livedoor.jp/noarmydemo/archives/31586882.html
テレビ報道 TV program (日本語Japanese)
「見えない基地~京丹後・米軍レーダー計画を追う」2014年1月19日(日)24:50〜25:50 MBSテレビ
http://www.mbs.jp/eizou/backno/140119.shtml
IWJ Independent Web Journal (日本語Japanese)
【IWJブログ】市民らを強制排除して強行配備された米軍「Xバンドレーダー」 現場の市民「『軍事占領がどのようにして起こるか』を、現在進行形で見せられた気持ちでした」 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/189125 
2014/10/21 【京都】Xバンドレーダー搬入に対する、京都府庁正門前抗議(動画)
2014/10/21 【京都】米軍Xバンドレーダー本体の搬入強行糾弾!京都市民は京丹後経ケ岬での米軍基地建設を許しません!緊急抗議行動(動画)
【IWJブログ・特別寄稿】京都府京丹後市経ヶ岬で計画が進むXバンドレーダー配備問題~懸念される「戦争リスク」と米軍・防衛省の思惑(IWJ京都中継市民・北野ゆり)
2014/05/25 【京都】米軍「Xバンドレーダー」建設地ルポ~「防衛省の借り上げは秘密裏に継続」市民有志が告発
2014/05/24 【京都】「集団的自衛権・日米同盟の最前線で、主権を明け渡す安倍政権」国民の頭越しに米軍「Xバンドレーダー」基地が27日に建設着工!~IWJによる「憂う会」永井友昭氏インタビュー
2014/04/17 【京都】Xバンドレーダー「運用開始は年末、米軍人は20名」~防衛省説明、アジア情勢次第で予定の「前倒し」も
2013/11/15 【滋賀】真っ先に攻撃対象になるのは在日米軍基地ではなく「京都」!? Xバンドレーダー設置問題で

To
The President of the United States, Barack Obama
Environmental Protection Agency (EPA)
White House Council on Environmental Quality (CEQ)
We request the Federal Government of the United States to make an environment assessment for the building of the Kyogamisaki radar base (Kyotango, Kyoto), where endangered species such as falcon and field flowers have been found.
The X band radar base is a part of the Interceptor System to defend the U.S. main land from the ballistic missile wars. It was reported that in this scheme, one hundred and sixty military personnel and civilians would be stationed and the radar would be operated in December 2014.
However the people of Kyoto and of the world who are concerned with the preservation of the environment have not been informed by the U.S. military authority or the Government of Japan on the environment assessment or the adverse effects of the radar site.
The indispensable process of providing information to the public has been neglected so far, and we are fearful about the urgent construction of the radar site.
It is noteworthy that the city of Kyotango has historical and cultural heritages dating over 1500 years back to ancient times. The beauty and richness of the landscape make it one of the Selected 200 Natural Landscapes of Kyoto Prefecture. Here people live on fishery and agriculture, and the seacoast and country side offers various leisure activities.
The Buddhist temple, Kuhonji, closely surrounded by the radar site has been a place of worship. The cave right under the radar site called Anamonju is listed on the Red Data Book (Geomorphology) of Kyoto Prefecture. The rice field overlooking the radar site was selected as one of Japan’s Table Fields of 100 by the Ministry of Agriculture. The seacoast of the radar site is a part of a National Park, and also a part of the UNESCO San’in Kaigan Global Geo Park.
The falcon found here is listed as an endangered species in the Data Book of the Ministry of Environment. In the spring, many bird watchers like to visit the area. Some field flowers (the vegetation) in the area are also listed in the Red Data Book in Kyoto Prefecture. We should make our best effort to keep the fragile environment to maintain the rich bio-diversity and the ecosystem of Kyogamisaki.
Since the U.S. Government must abide by the strict regulations of NEPA (National Environment Policy Act) for environmental assessment and preservation of the environment, the U.S. Army in Japan has issued JEGS (Japan Environmental Governing Standards): the regulation of wide range of areas including not only noise, electromagnetic waves, and water, but also historic, natural, and cultural resources. In the past, the U.S. army made a detailed report of the environmental survey on the same kind of missile radar site (Republic Marshall Islands), which has been made available to the public.
The U.S. Government funds this radar site project in Japan through the taxes of U.S. citizens. The information on the environment assessment must be made open not only to the Japanese citizens but also to the U.S. citizens. The possible adverse effects and risks of the radar site must be made clear and the points of view from citizens of both countries must be taken into account.
We would like to request the postponement or the calling off of the radar project until the people’s voices are heard. We will continue to raise our voices across national boundaries, for the implementation of an environment assessment on the radar site. We all are responsible for the global environment as citizens of the globe.
Add your name today. Let’s make our voice on environmental assessment heard.
Harumi ISHINO  Yoko SHIKUNAI  Martha MENSENDIEK 		 	   		  


CML メーリングリストの案内