[CML 034603] 今こそ日朝国交正常化を!10.26集会のご案内

石垣敏夫 motoei at jcom.home.ne.jp
2014年 10月 22日 (水) 17:47:22 JST


皆さん高橋さん

拉致問題は日朝国交回復(正常化)が遅れていることが
遠因としてあげられます。
東アジアの平和と安定のため、日朝国交回復は
急務です。
拉致問題は、日本軍『慰安婦』問題と同様
人権問題であり、放置してはなりません。

拉致被害者家族が現政権に利用されることなく、
歴代政権の怠慢を追及し、早期解決を求めましょう。
     石垣敏夫


今こそ日朝国交正常化を!10.26集会のご案内

日朝ネットの高橋秀典といいます。

拉致問題などの再調査をめぐり、日本政府は外務省職員を平壌に
派遣することを決めました。家族会などは反対しましたが、ここで
対話の窓口を閉じれば、ただ朝鮮政府への批判だけを繰り返す
過去の過ちを繰り返すことになります。

もとより日朝国交正常化は日本政府が植民地支配を清算することが
必要不可欠です。すでに朝鮮政府は、戦時中に朝鮮で亡くなった
日本人の遺骨、残留日本人・日本人配偶者、拉致被害者、行方
不明者など、日本人関連の問題をトータルに解決しようとしています。
拉致問題の解決も、日本政府が真摯に植民地支配を反省し、問題を
トータルに解決する姿勢を示さない限り進まないでしょう。
性奴隷であったことを否定する慰安婦バッシングなどもってのほかです。

日朝国交正常化に向けた課題と展望を明らかにする下記の集会に
ぜひご参加ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下は転送歓迎
今こそ 日朝国交正常化を!10.26 集会

日時 10月26日(日) 13:30‐17:00
場所 神戸まちづくり会館ホール
神戸市中央区元町通4丁目2番14号(元町商店街4丁目西端の南側角)
(JR阪神元町駅西口より西南徒歩7分)
http://www.kobe-sumai-machi.or.jp/matisen/4kuukan/kaikan.htm#access

・講演「日朝国交正常化の課題と展望」 康宗憲(カンジョンホン) さん
(韓国問題研究所長)
・講演「植民地支配の清算とは何か?」 庵迫由香(あんざこゆか)さん
(立命館大学教員)
・報告:「朝鮮の今―親善訪朝団報告」(日朝友好兵庫県民の会)
・アピール 日本軍「慰安婦」被害女性と共に歩む大阪・神戸・阪神連絡会
・講演への質疑・集会決議採択

参加費 1000円
主催 対話で平和を!日朝関係を考える神戸ネットワーク
連絡先 高橋 090-3652-8652 saltshop at kobe.zaq.jp

今年5月、ストックホルムで開かれた日本と朝鮮民主主義人民共和国
(朝鮮)の政府間協議は、両政府が日朝ピョンヤン宣言にのっとって国
交正常化をめざす意思を明らかにしました。7月には、朝鮮側が戦時中
に朝鮮で亡くなった日本人の遺骨、残留日本人・日本人配偶者、拉致被
害者、行方不明者に対する特別調査委員会の設置を明らかにし、日本
政府は朝鮮に対する独自制裁の一部を解除しました。東北アジアの平和
にとって大きな意義を持つ「日朝関係の進展」が期待されています。

集会では、講演と質疑を通じて日朝国交正常化に向けての課題と展望
を確認します。とくに、朝鮮側が日本人関連の戦後処理をトータルにす
すめようとしていることに対応して、日本側も植民地支配の清算を真摯
におこなうべきです。
東北アジアの平和を願うすべてのみなさんに参加を呼びかけます。

今こそ日朝国交正常化を!10.26集会賛同団体(五十音順)(9月30日現在)

アジアこどもプロジェクト 神戸学生青年センター 神戸国際キリスト教会
神戸市教職員組合 在日韓国青年同盟兵庫県本部 在日韓国民主統一
連合兵庫本部 在日コリアン青年連合兵庫 在日本朝鮮人総聯合会兵庫県
本部 朝鮮学校を支える女たちの会 朝鮮学校を支える宝塚市民の会
とめよう戦争!兵庫・阪神連絡会 日朝音楽芸術交流会 日朝国交正常化
の早期実現を求める市民連帯・大阪 日朝友好兵庫県民の会
日本軍『慰安婦』問題を考える会・尼崎(あまナビ) 日本軍「慰安婦」被害
女性と共に歩む大阪・神戸・阪神連絡会 被災地NGO恊働センター
兵庫県教職員組合 兵庫県職員労働組合 部落解放同盟兵庫県連合会
平和と民主主義をめざす全国交歓会・兵庫

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー












CML メーリングリストの案内