[CML 034576] 【予約優先】10/23 (木)公開学習会「TPP+TiSA(新サービス貿易協定) ―サービス貿易のさらなる自由化で、暮らしはどうなる? 自由貿易の波とメガFTAにどう対抗するか」

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2014年 10月 21日 (火) 04:26:58 JST


紅林進です。
 
私も会員になっていますアジア太平洋資料センター(PARC)では、
明後日10月23日(木)に下記の公開講座を開催いたします。

なお満席となった場合、予約を優先させていただきます、とのことです。 
申し込みは下記サイトよりお願いいたします。
http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html


(以下、転送・転載大歓迎) 

公開学習会
TPP+TiSA(新サービス貿易協定)
―サービス貿易のさらなる自由化で、暮らしはどうなる?
自由貿易の波とメガFTAにどう対抗するか-

■日 時:2014年10月23日(木) 18:30~20:50(開場18:10)

■参加費:800円 PARC会員は500円 ※予約優先(定員40名)

■会 場:麹町区民館 B1F 会議室B (東京都千代田区麹町2-8)
      (地下鉄有楽町線麹町駅下車)
※会場地図はこちら http://www.city.chiyoda.lg.jp/shisetsu/annai/024.html


行き詰まっているかのように見えるTPP交渉。
 確かに日米関税協議がまとまっていないため、21分野にわたる全体交渉は大きく進展してはいません。
しかし、米国大統領選後の11月に向け、首席交渉官会合や閣僚会合が再び開かれるともいわれています。
 そもそもTPPはすべてのモノの関税をゼロにし、非関税障壁を取り除くという原則をもっています。日本で
は関税問題がクローズアップされがちですが、実はこの「非関税障壁」がTPPを含む自由貿易協定における
最大のポイントです。言い換えれば、自由貿易で利潤を追求するグローバル大企業にとっては、サービス分
野(医療、教育、金融、労働・・)で儲けることこそが狙いであるということなのです。
 一方、2013年6月から交渉が始まったTiSA(新サービス貿易協定)には、日本、米国、EUなどを含む49か国
が参加しています。TiSAはまさにTPPの非関税分野をすべてカヴァーしている巨大なFTAであり、TPP同様に
秘密交渉として進められています。何よりも、日本はすでに参加国として交渉しているにもかかわらず、情報
が不足しているために多くの人がTiSAをまったく知らない状態です。
 TiSAが妥結すれば、水道、教育などの公共サービスが市場化・民営化され、また労働や医療分野での従来
の規制がさらに緩和され、大企業に有利なしくみがつくられてしまいます。また食の安全基準や食品添加物の
表示など私たち消費者を守ってくれている法制度も「非関税障壁」として壊されてしまう危険性もあります。
 TPPにもTiSAにも共通するのは、徹底した規制緩和(非関税障壁の撤廃)によって、グローバル企業がさらに
経済活動をしやすくなるという方向性です。
 本学習会では、TPPとTiSAそれぞれの交渉の状況、サービス分野での規制緩和の危険性を基礎から学んだ
上で、欧米で広がりつつあるTPP・TiSAを含むメガFTAへの反対・批判運動の最新状況をお話します。 

************************************************************
■【問題提起】
◆サービス貿易とは何か、そこで誰が儲けるのか?
 ―TPP交渉での非関税分野の交渉の現状と多国籍企業の動き
 内田聖子(アジア太平洋資料センター〈PARC〉事務局長)

◆TiSAとは何か、何が問題なのか
―国際市民社会の調査・提言活動の状況
 青葉博雄(国際公務労連〈PSI〉東京事務所所長)

※満席となった場合、予約を優先させていただきます。
  申し込みは下記サイトよりお願いいたします。
  http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html

 
********************************************
◆主催・問合せ先◆
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455
E-mail : office at parc-jp.org 
URL: http://www.parc-jp.org/
********************************************


CML メーリングリストの案内