[CML 034562] 明日10/21(火)戦後70年 新しい東アジアへの一歩へ!市民連帯連続院内集会 第一回「東アジアの平和と歴史認識」@参議院議員会館

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2014年 10月 20日 (月) 13:33:50 JST


紅林進です。
 
明日10月21日(火)に参議院議員会館講堂で開催されます下記院内集会のご案内を
転送させていただきます。
講 師は高嶋伸欣さん(琉球大学名誉教授)です。


(以下、転送・転載・拡散歓迎)

戦後70年 新しい東アジアへの一歩へ!市民連帯
連続院内集会 第一回

「東アジアの平和と歴史認識」

 来る2015年8月15日は、日本の敗戦をもってアジア太平洋戦争が終結してから70年の節目に当たります。
そして朝鮮半島およびアジア諸国の視点から見れば、日本の植民地支配・侵略戦争からの解放70年、加
えて日韓条約から50年、村山談話発表から20年に当たります。
 しかしそんな節目を目の当たりにしたいま、日本は再び戦争への道を進もうとしています。安倍首相は
「侵略の定義は定まっていない」など過去の侵略戦争を正当化する発言をしてきました。さらには「従軍
慰安婦」の存在を否定したり、「河野談話」・「村山談話」の見直しをほのめかすなど、歴史認識を歪曲し
て周辺諸国との関係をいたずらに緊張させています。これは日本を再び「戦争のできる国」にしようとする
危険な動きですが、国内においてこのような歴史修正主義的な声は日を追うごとに激しさを増しています。
 戦争を美化し、アジア諸国を蔑視するような歴史認識が跋扈したままでは、到底東アジアの平和は実現
できません。「戦後70年 新しい東アジアへの一歩へ!市民連帯(略称、東アジア市民連帯)」連続院内集
会の第一回目では、高嶋伸欣・琉球大学名誉教授をお招きし、東アジアをめぐる日本の歴史認識の問題
点についてお話していただきます。みなさんのご参加をお待ちしております。

と き :10月21日(火) 開会18:15~19:30
ところ :参議院議員会館講堂 東京都千代田区永田町2-1-1
(最寄駅:東京メトロ「永田町」駅、「国会議事堂前」駅、「溜池山王」駅)
国会周辺図 http://www.shugiin.go.jp/internet/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
参加費 :無料
講 師: 高嶋 伸欣(琉球大学名誉教授)
主 催 :戦後70年 新しい東アジアへの一歩へ!市民連帯 (略称「東アジア市民連帯」)
お問い合わせ: フォーラム平和・人権・環境 TEL:03-5289-8222


CML メーリングリストの案内