[CML 034514] 原発の技術者の言う怖さとは 小倉志郎の彩流社本

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2014年 10月 17日 (金) 07:18:47 JST


「元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ <http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-721.html>」
小倉志郎
<http://www.amazon.co.jp/gp/product/4779119804/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4779119804&linkCode=as2&tag=yaginobuyooff-22>
彩流社 <http://www.sairyusha.co.jp/>

八木啓代 <http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E6%9C%A8%E5%95%93%E4%BB%A3>
ライブの常連さん。実直そうな小父さま。

大学院を卒業してから35年間、定年まで東芝で原子力技術者として働いたひと。

設計や現場にも深く関わる。なにしろ*福島原発
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/3f4b249295d1f880f849a350447d4926>で働いた*
ひと。


>原発を、奇しくも1818年の3月11日にシェリー夫人が出版したゴシック小説「フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス
<http://www.amazon.co.jp/gp/product/4488532012/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4488532012&linkCode=as2&tag=yaginobuyooff-22>
」の、*人を殺さずにはいられない*悲劇の人造人間に例える。

出版元の彩流社 <http://www.sairyusha.co.jp/>は「救援・縮刷版」をだしてる奇特なとこ。
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/9e957070e15e3b3db96c60c3d686580a>


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内