[CML 034511] ヒロシマの原発博覧会

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2014年 10月 17日 (金) 00:36:54 JST


 坂井貴司です。

 広島市にある原爆資料館は、核兵器の恐ろしさを世界に発信する施設です。

 ところが、よりによって原爆資料館が「原子力の平和利用」、すなわち原子力
発電所の宣伝の場に使われたことがありました。

 1956年、原爆資料館で「原子力平和利用博覧会」が開催されました。3週
間で当時の1年間の来館者に相当する11万人が訪れました。この博覧会は、多
くの人々に原発はすばらしいエネルギーだと思わせることに成功しました。これ
以後、日本は国家を挙げて原発推進に突き進むことになりました。

 実はこの博覧会はアメリカの強い後押しで企画されました。日本人の「核アレ
ルギー」を取り除き、原発を売り込むための大規模なプロパガンダ戦略だったの
です。

 核兵器によって破壊された広島で行われた原発博覧会を追います。

 NHK教育
 ETV特集
 「ヒロシマ 爆心地の原子力平和利用博覧会」
 http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2014/1018.html
 
 放送日:10月18日
 放送時間:23時〜
 
 再放送10月25日(土)午前0時00分※金曜日深夜
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内