[CML 034498] 明後日10/18(土)AA秋季研究会「スペインのモンドラゴン協同組合について」@豊島勤労福祉会館(池袋西口)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2014年 10月 16日 (木) 08:03:01 JST


紅林進です。

スペイン・バスク地方の世界的に有名なモンドラゴン労働者協同組合グループについては、
私も関心を持っており、ある雑誌に紹介記事を書いたこともありますが、昨年はその中心的
企業であり、スペイン最大手の家電メーカーであった「ファゴール家電」(労働者協同組合)
の倒産などもあり、モンドラゴン協同組合グループも岐路に立たたされています。

先月は私も別の研究会で、「モンドラゴン協同組合企業グループの現状をどう見るか」
http://chikyuza.net/archives/47336 と題して報告させていただきました。

明後日、10月18日(土)には、私自身は関係していないのですが、「アジア・アフリカ人民連帯
日本委員会」という団体の主催で、AA秋季研究会「スペインのモンドラゴン協同組合について」
という催しが開催されるとのことです。

非常に興味深い催しですので、ご案内を転載させていただきます。

(以下転載、拡散大歓迎)

AA秋季研究会「スペインのモンドラゴン協同組合について」
http://www.labornetjp.org/EventItem/1408672660682staff01 

アジア・アフリカ人民連帯日本委員会(AA)は10月18日(土)の午後1時半からスペインの
モンドラゴン協同組合についての研究会を開催します。
 講師は古くからモンドラゴンを研究されてこられた岩垂弘さん(平和・共同ジャーナリスト
基金代表運営委員)、そして9月にモンドラゴンを訪れたマット・ノイズさん(明治大学非常
勤講師)と若手研究者の熊倉ゆりえさん、石澤香哉子さんです。また講演の前にモンドラ
ゴンについての短いDVDを上映します。1956年11月の発足以来、幾多の危機に直面し
ながら労働者が主人公である協同組合の原則を忘れることなく、協同組合の複合体とし
て成功し、世界から注目されるモンドラゴンについて一人でも多くの方に知っていただき
たく、参加を呼びかけます。
 会場は豊島勤労福祉会館(最寄駅池袋)第3・4会議室で、会費は少し高くなりますが
1000円です。
  
AA秋季研究会「スペインのモンドラゴン協同組合について」

○ 日時: 10月18日(土) 13:30~16:45     
○ 会場: 豊島勤労福祉会館第3・4会議室 (池袋駅西口より徒歩10分)
 地図 http://www.toshima-mirai.jp/center/e_kinrou/index.html#nav_access
○ 参加費: 1000円(資料代含む)   
 1956年11月の発足以来、幾多の危機に見舞われながらも当初の精神を忘れることなく協同組合の複合体
として活動を続けてているモンドラゴン協同組合について知り、考えたいと思って先の日時、場所にて研究会
を開催いたします。
 モンドラゴン協同組合の最新状況について知り、新しい働き方、そして生き方について考えましょう。 
主催:アジア・アフリカ人民連帯日本委員会(AA)   
連絡先:電話 080-6587-3851 Eメール shinji_yoshihara at yahoo.co.jp


CML メーリングリストの案内