[CML 034470] 「反帝国主義者、反植民地主義者の勝利だ」(モラレス大統領):ボリビア大統領、反米左派の現職モラレス氏が3選+ボリビア、原発建設に2180億円投入へ

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2014年 10月 14日 (火) 14:49:27 JST


ボリビア大統領選、現職モラレス氏が3選

AFPBB News
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%83%93%E3%82%A2%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E9%81%B8%E3%80%81%E7%8F%BE%E8%81%B7%E3%83%A2%E3%83%A9%E3%83%AC%E3%82%B9%E6%B0%8F%E3%81%8C3%E9%81%B8/ar-BB8Zkpq?pfr=1

【AFP=時事】南米ボリビアで12日に投開票された大統領選挙は、出口調査の結果、現職のエボ・モラレス(Evo Morales)大統領が60%を超える得票で決戦投票を回避し3選を果たすことが確実となった。

ボリビア大統領選で3選を確実とした後、西部ラパス(La Paz)の大統領官邸に到着して支持者に手を振るエボ・モラレス(Evo Morales)大統領(2014年10月12日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News© AFPBB New

 世論調査会社イプソス(Ipsos)などによると、同国初の先住民大統領として2006年に初当選したモラレス氏は2位候補に40ポイント近い大差をつけて勝利した。

 同日実施された議会選挙でも、モラレス大統領が率いる与党・社会主義運動(MAS)が多数の議席を占める見通しで、中南米最貧国の一つとされるボリビアで天然ガス・石油資源部門の国有化や福祉拡大などを進めてきた左派改革が続行される見込みとなった。

【翻訳編集】AFPBB News

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ボリビア大統領、反米左派の現職モラレス氏が3選 
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM1400F_U4A011C1EAF000/

2014/10/14 10:37

 【サンパウロ=宮本英威】南米ボリビアで12日、大統領選挙が実施され、現職で反米左派のモラレス氏(54)が当選を確実にした。地元メディアによると、約6割の得票率で、2位候補を大幅に引き離して3選を果たした。

 モラレス氏は12日夜、主要都市ラパスで「反帝国主義者、反植民地主義者の勝利だ」と語り、勝利宣言した。任期は2015年1月からの5年間。任期を全うすれば計14年の長期政権になる。

 ブラジルやアルゼンチン向けの天然ガス輸出をけん引役に経済は堅調だ。低所得者層への支援制度の拡充などで国民の支持は厚かった。

 初の先住民出身の大統領であるモラレス氏は06年1月に就任した。昨年3月に死去したベネズエラのチャベス前大統領の盟友で、外国企業の国有化も辞さない強硬な政権運営で知られる。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ボリビア大統領選挙で、現職のモラレス大統領が当選

ボリビアのモラレス大統領が、大統領選挙で当選し、3選を果たしました。

IRIBがボリビアの首都カラカスから伝えたところによりますと、12日日曜に電子投票で行われたボリビアの大統領選挙で、左派で現職のモラレス大統領が61%の得票率を獲得し、当選確実となりました。

モラレス大統領の次に高い得票率を獲得したのは、企業家のドリア・メディーナ氏で、得票率は24%でした。

12日、ボリビアでは大統領選挙と平行して議会選挙が行われました。
当初の報道によりますと、モラレス氏の所属する左派政党が上院、下院ともに過半数の議席を占める見通しだということです。

モラレス大統領は勝利宣言を行った後、「社会主義政策と反帝国主義政策は続けられるだろう」と強調しました。

アルジャジーラの英語放送によりますと、これまでのボリビアの大統領選挙では民主主義的な方法で再選された大統領はおらず、ましてやこのように高い得票率で3選を果たし、ボリビアの行政における舵取りを担うことになった大統領はいないということです。

アルジャジーラはまた、モラレス大統領の任期中、ボリビアは過去最大の経済的繁栄を遂げたと伝えています。

モラレス大統領が社会主義政策を実行したことで、ボリビアの経済成長率は近隣諸国のそれより高くなっています。

さらに、「今回の大統領選挙で興味深いのは、以前モラレス大統領の対立候補を支持していた地域が、今回は彼に投票したという点だ」としています。

このことは、モラレス大統領の政策の影響力の強さを物語っています。

http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/49084-%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%83%93%E3%82%A2%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E9%81%B8%E6%8C%99%E3%81%A7%E3%80%81%E7%8F%BE%E8%81%B7%E3%81%AE%E3%83%A2%E3%83%A9%E3%83%AC%E3%82%B9%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E3%81%8C%E5%BD%93%E9%81%B8

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ボリビア、原発建設に2180億円投入へ

2014年10月03日 12:37 発信地:ラパス/ボリビア
http://www.afpbb.com/articles/-/3027928?ctm_campaign=hover_menu

【10月3日 AFP】南米ボリビアのエボ・モラレス(Evo Morales)大統領は2日、20億ドル(約2180億円)を投じて最大都市ラパス(La Paz)周辺に原子力発電所を建設する方針を発表した。アルゼンチンとフランスから支援を受けて今年中に着工し、2025年の完成を目指す。

 モラレス大統領は、新たに建設される原発は、ボリビアがエネルギー面で自立できるようになるための最良の手段だと述べた上で、同国の核開発計画は「平和目的」だと強調した。(c)AFP 		 	   		  


CML メーリングリストの案内