[CML 034382] フィールズ賞を辞退したグリゴリー・ペレルマン

檜原転石 hinokihara at mis.janis.or.jp
2014年 10月 13日 (月) 10:01:36 JST


檜原転石です。

泉田守司さん、こんちは。

数学は高校までは大好きでしたので、興味はあります。
もっとも花札・トランプつながりで好きになった可能性もある。

がしかし、「ポアンカレ予想」  <http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%AC%E4%BA%88%E6%83%B3>になると難し過ぎます(笑)。

「 宇宙の中の任意の一点から長いロープを結んだロケットが宇宙を一周して戻って来たとする。ロケットがどんな軌道を描いた場合でもロープの両端を引っ張ってロープを全て回収できるようであれば、宇宙の形は概ね球体である(ドーナツ型のような穴のある形、ではない)と言えるのではないか、というのが(3次元)ポアンカレ予想の主張である」

『・・ガロアの生涯』の本も読みましたが、ほぼ忘れています。
**  <http://www.bing.com/search?q=%e6%a3%ae%e7%94%b0%e7%9c%9f%e7%94%9f&FORM=R5FD>
私が数学者で今思い出すのが橋本愛(NHKドラマ『*ハードナッツ! 〜数学girlの恋する事件簿〜*』の主人公)
、ピーター・フランクル、『週刊朝日』に連載を持っている森田真生ですが、ピーター・フランクルなどは
以下のような発言もしている(教育再生・東京円卓会議(第2回))。
まあ中国を「シナ」と呼ぶ差別主義者との会議って、人間としてあり得ませんけど。核武装論者つながりで
呼ばれたのかな?
     <https://twitter.com/orionis23>  
「だらしない人が多くて、そういう人を何とか形にするためには兵役は役に立っている」
「韓国の男性もそれによってかなりしっかりしている人が多い」などと韓国の兵役を例に出した上で、
徴兵制に対して肯定的な発言。

森田真生は宇宙物理学が数学の新たな理論を構築するとか書いていましたが、私が興味深かったのは
*ピタゴラスの話です。名前は有名だが、発見は別の人?*

橋本愛については、「起きる確率が5%以下のものが起きた時はイカサマを疑え」?が面白かった。
また弟子の発明をすべて自分の手柄にした有名人の名を言ってましたが、忘れました。

さて、ラマヌジャンの夭折については、高緯度の英国にいて、メラニン色素があり、かつ
室内ばかりにいての日照不足でビタミンD不足ですか?

また以下については、
「フェルマールの最終定理」は連想せずに、インドの2桁暗算を連想しました。

結局、算数程度だけ分かるほどに数学の知識も衰えているというわけです。


★「乗ってきたタクシーのナンバーは1729  <http://ja.wikipedia.org/wiki/1729>だった。さして特徴のない数字だったよ」

これを聞いたラマヌジャンは、すぐさま次のように言った。

    「そんなことはありません。とても興味深い数字です。それは2通りの2つの
    立 方数 <http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E6%96%B9%E6%95%B0>の
    和で表せる最小の数です」

実は、1729は次のように表すことができる。

    1729 = 12^3 + 1^3 = 10^3 + 9^3 

すなわち、1729が「/A/ = /B/^3 + /C/^3 = /D/^3 + /E/^3 」という形で表すこ 
とのできる数 /A/ のうち最小のものであることを、ラマヌジャンは即座に指摘 
したのである。

  ▼教育再生・東京円卓会議(第2回)
http://www.youtube.com/watch?v=g9uwDYZheKs

2012年2月14日

【科学技術と教育】

石原慎太郎
猪瀬直樹
ピーター・フランクル
川口淳一郎


(2014/10/12 21:25), Izumita_ocn wrote:
> 檜原転石さん
>
> 大分遅くなってしまいましたが、興味深い記事をありがとうございます。
> 横道にそれると思いますが、ペレリマンについてはNHKで次の番組を見ました。
> NHKスペシャル|100年の難問はなぜ解けたのか~天才数学者 失踪の謎~
> http://book.asahi.com/ebook/master/2012072400049.html
> http://www.nhk.or.jp/special/detail/2007/1022/index.html
> http://veohdownload.blog37.fc2.com/blog-entry-1895.html
> とても興味深い番組でした。
>
> 私はインドの数学者ラマヌジャンにも興味がありました。
> http://goo.gl/xpNj
> 最近、次の記事が日経サイエンスに掲載されました。
> ラマヌジャンの予言
> http://www.nikkei-science.com/201409_066.html
> もし関心がありましたら幸いです。
>
> 泉田守司
>
>



CML メーリングリストの案内