[CML 034443] 10/15(水)「インドにもどこにも原発売るな! 学習・討論会」@中央区京橋区民館

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2014年 10月 13日 (月) 02:09:17 JST


紅林進です。


安倍政権は、国内では原発を再稼動させようとし、海外へは原発を輸出しよう
としていますが、核兵器を持ちながら、核拡散防止条約(NPT条約)にも加盟
しないインドにも原発を輸出しようと、そのための前提となる原子力協定を結
ぼうとしています。ナレンドラ・モディ・インド首相が来日し、9月1日に開催さ
れた日印首脳会談では、日印原子力協定の調印こそ見送られたものの、日
印両政権は、調印に向けて引き続き動いています。

一方、インドでは、原発建設に対して大規模な抗議活動と、それに対する強権
的な弾圧が続いています。

私はこの日は参加できないのですが、10月15日(水)に東京中央区の京橋
区民館にて下記の)「インドにもどこにも原発売るな! 学習・討論会」が開催
されるとのことです。

なお大阪でも、10月18日に「エルおおさか」で開催されるとのことです。

以下ご案内を転載させていただきます。

(以下転送・転載歓迎)
 
インドにもどこにも原発売るな! 学習・討論会

日時:10月15日(水) 18時30分~20時30分
場所:中央区京橋区民館 3号室
(地下鉄銀座線京橋駅A6出口より2分 宝町から2分)
地図http://chuo7kuminkan.com/about/kyobashi.html
講師:福永正明さん(岐阜女子大学南アジア研究センター客員教授・センター長補佐、
インド原発問題の第一人者。最近では『世界』10月号にインドCNDPのクマール・スン
ダラームさんのインタビュー記事を発表)
主催:コトパンジャン・ダム被害者住民を支援する会
連絡先:山口(090-8455-5352)
http://www.kotopan.jp/

9月1日に開催された日印首脳会談。
原子力協定の調印は見送りとなった。
7月末、インドからCNDP(核軍縮と平和のための連合)クマール氏が来日し、各地で訴えた。
8月末には、インドで反原発運動の大会があり、福永さんが参加されています。
原発輸出のための「協定」を加速すると合意されており、巨大市場としても注目されるインド。
原発輸出反対をどうつくっていくのか討議します。
 
8月30日~31日にインド各地の反核・社会運動が首都ニューデリーに集まり、「インド民主主義
への挑戦:核開発、軍事化、権力の暴力に関する国民大会」が開催されました。この大会に出
席された福永正明氏を講師に招き、大会の内容につ いてご報告いただくとともに、日印原子力
協定を葬り去るために私たちは何をなすべきかについて議論したいと思います。東京(10/15)と
大阪(10/18)で開催します。大阪の討論会では、第16回ノーニュークス・アジアフォーラム(台湾)
についてもNNAFジャパン事務局長の佐藤大介氏からご報告いただきます。ぜひご参加ください。  

〔東京〕日時:10月15日(水)18時30分~20時30分
     場所:中央区京橋区民館 3号室
       地下鉄銀座線 京橋駅 A6出口2分 宝町から2分
     連絡先:090-8455-5352(山口)
     主催:コトパンジャン・ダム被害者住民を支援する会
     協力:平和と民主主義をめざす全国交歓会(ZENKO)
     >> フライヤ(PDF)

〔大阪〕日時:10月18日(土)18時15分~20時45分
     場所:エルおおさか701号室
       京阪・地下鉄天満橋駅西へ徒歩5分
     連絡先:090-8382-9487(三ツ林)
     主催:コトパンジャン・ダム被害者住民を支援する会
     協力:ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
     >> フライヤ(PDF)


CML メーリングリストの案内