[CML 034425] 福島市で明日10/12「甲状腺がん103人をどう見るか、低線量被ばくから健康を守る」についてお話、懇談会も

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2014年 10月 11日 (土) 21:30:06 JST


福島市で明日10/12「甲状腺がん103人をどう見るか、低線量被ばくから健康を守る」についてお話、懇談会も


転送・転載歓迎


京都の菊池です。

明日10/12日曜日、
高松勇さん(小児科医、医療問題研究会
※医療問題研究会のホームページ
http://ebm-jp.com/
もぜひご覧ください)
が、
「甲状腺がん103人をどう見るか、低線量被ばくから健康を守る」
についてお話し、懇談会も行います。
ぜひ、ご都合のつく方はご参加ください。
ぜひ、福島のお知り合いにお知らせください。
よろしくお願いします。案内を転載します。



10月12日「放射能から健康を守る医師のお話しと懇談会」のお知らせです。


みなさま
都内の高瀬です。

10月12日のイベントのお知らせです。
◆◇◆◇<拡散希望>*******************************
「放射能から健康を守る医師のお話しと懇談会」

10月12日(日)午後1:30開場 ふくサポ
(福島市民活動サポートセンター)
ふくサポ  福島市大町4-15 チェンバおおまち3階 電話:024-526-4533

講演:高松勇さん (小児科医、医療問題研究会)
「甲状腺がん103人をどう見るか、低線量被ばくから健康を守る」 
高松さんはじめ医療問題研究会の甲状腺がんの取り組みは、小児科学会、公衆衛生学会などで、また海外(ドイツ、欧州、ベラルーシなど)でも注目されています。
小児科学会のホームページから「150ミリシーベルト以下の被ばくではがんの増加はない」という文言をおろさせることにつながっています。

(プログラム)
1:30開場
2時 高松勇医師のお話し
「甲状腺がん103人をどうみるか
低線量被ばくから健康を守るには」
3:30 懇談 どんなこともお気軽に。

6時終了
主催:放射能健診署名実行委員会・福島 (連絡先:090-2720−2284 沓沢)

*****ここまでです。*****************



菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)
菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)


CML メーリングリストの案内