[CML 034394] 北朝鮮スパイを描く異色作 「レッド・ファミリー」赤い家族か

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2014年 10月 10日 (金) 06:17:09 JST


映画「レッド・ファミリー <http://news.mynavi.jp/news/2014/10/03/478/>」

週刊金曜日の最新号
<http://www.kinyobi.co.jp/news/wp-content/uploads/2014/10/a9461d31602b63701283efa4eff53513.pdf>
に紹介されてたので見た。

いちばん上の題名のとこに下線リンク張った映評では、「北朝鮮のスパイが任務遂行のために仲むつまじい家族を装うという異色作」とある。

コミカルだけど、怖いとこもある。

暗殺というか元・同志、またはスパイ同志を間違って殺したりするさまは...連合赤軍
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/daeb72d97274f5c72a6caa21cd748c1c>
を思い出して悲しくなる。

こんなに殺して捕まらないのかと思うけど、やはり南朝鮮からの視点だからか。

それでも、北の人々への想いが伝わってくる脚本。

4人の疑似家族スパイの最後の姿に、落涙。


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内