[CML 034357] ノーベル賞:物理学賞に中村修二氏ら日本人3氏

T.kazu hamasa7491 at hotmail.com
2014年 10月 7日 (火) 21:33:50 JST


中村さんといえば、
青色の発光ダイオード(LED)を発明(製品化)した人。
そして、発明著作権が個人にあるのか企業にあるのかを争った人。

青色の発光ダイオードがなければ、
ブルーレイDVDも、蛍光灯に代わるLEDランプもあり得なかった。
中村さんが居なかったら、電力需要の節約も容易ではなかった。
原発バンザイ世論は、もっと鼻息を荒くしていたことだろう。

中村さんのような人が居たから、
「科学技術立国」が曲がりなりにも成り立っていたのだが、
いまは、発明著作権を個人が主張する余地など、全くなくなってしまったらしい。
企業においても独立法人研究所においても。

そんなお国柄にしてしまったわが国は、
返す返すもおバカな国だということが、
このノーベル賞受賞によって、せめて話題になればいい。

ノーベル賞:物理学賞に中村修二氏ら日本人3氏
毎日新聞 2014年10月07日 18時51分(最終更新 
 10月07日 19時55分)
http://mainichi.jp/feature/news/20141008k0000m040028000c.html

ni0615田島拝



CML メーリングリストの案内