Re: [CML 034335] 戦争しか 知らない 子等(ら)がいる:   憲法9条はノーベル平和賞にふさわしいか?

Sato Keyko j-y-k-s at mx3.nns.ne.jp
2014年 10月 7日 (火) 10:35:31 JST


石垣敏夫さん


憲法9条の精神は、世界中の人が望んでいると私も思います。

そして日本の憲法9条は世界に知られていると思います。

ノーベル平和賞をもらわなくても、十分憲法9条はそれ自体に力があります。


前にご紹介した、イスラーム研究者の板垣雄三さんのご意見については

石垣さんは、どう思われますか?

日本人は、実際には守られていなかった非核3原則を制定したという理由(?)で、

佐藤栄作がもらった『ノーベル平和賞』について、日本人は世界の人を欺いた

のだから、世界の人々に謝るべきだという論についてどう思いますか?


今また同じ過ちをしようとしていることに、気づかないのですか?

『憲法9条を守ってきた日本国民に、ノーベル平和賞を!』と言っていますが、

日本国民は、憲法9条を守ってきたのでしょうか?

もし守ってきたのだとしたら、どうして『積極的平和主義』『核による均衡』

『抑止力』という言葉を首相に言わせているのでしょう?


戦力不保持について、しっかり監視もしてこなかった結果、集団的自衛権の

閣議決定とか、秘密保護法の国会における制定を許してしまったのでは

ないですか?


憲法9条を守ってこなかったのに、いかにも日本人は憲法9条を

大切にしてきましたというポーズをとることは、再び世界の人々を

欺くことになるのではないですか?


また、欺くことを目的にしている人たちを喜ばせることになることを

私は恐れています。


石垣さんはどう思われますか?


  佐藤
 



CML メーリングリストの案内