[CML 034332] 戦争犯罪人ヘンリー・キッシンジャーの罪状――ベトナム戦争関連

檜原転石 hinokihara at mis.janis.or.jp
2014年 10月 6日 (月) 19:41:30 JST


ジョセフ・ヘラー曰く――「喜々として戦争をおこなった唾棄すべき馬鹿に過ぎな 
い」ヘンリー・キッシンジャーのベトナム戦争関連の犯罪です。

■クリストファー・ヒッチンス『アメリカの陰謀とヘンリー・キッシンジャー』 
井上泰浩・訳、集英社、2002年

参照および引用――

1968年秋、民主党ジョンソン大統領パリ和平交渉を進める。11月には大統 
領選。共和党ニクソン陣営、パリ和平協定を決裂させるよう仕組む。南 ベトナ 
ム軍上層部のためには共和党の方が有利に運ぶと約束。南ベトナム、選挙前日に 
交渉の席を去る。それから4年後、ニクソン政権は同じ条件でベ トナム戦争を 
終結。交渉決裂から4年間に、2万人超える米国人と大量の数のアジア人の虐 
殺。この裏工作と大虐殺でいい思いをしたのがヘンリー・ キッシンジャー。彼 
は、ジョンソン政権の考えや方針をニクソン陣営に漏らす。


頁41――ハルデマンとキッシンジャーが2年後の選挙を見越し、選挙期間中に始 
め、選挙に勝つまで続けられた北ベトナムへの「クリスマス爆撃」 は、戦争犯 
罪だ。「軍事目的」で爆撃が続けられたのでは断じてなく、選挙に勝つという政 
治的な理由で続けられたからだ。 連邦議会内の強行派に対し、強気の姿勢を誇 
示し、民主党を守勢に回すためだ。また、ティエウ大統領ら南ベトナム指導層に 
対しては、米国軍撤退に反対しない ように説得した。1968年のつけが回っ 
てきたのだ。1975年4月に南ベトナム、そして翌5月にカンボジアが陥落し 
た。7年前に和平を実現でき たことを考えると、途方もない犠牲を払ってし 
まったわけだ。・・・略・・・































CML メーリングリストの案内