[CML 034212] 【10/7(火)】原発のないブラジル連合 シコ・ウィタケーさんを囲む会

ピープルズ・プラン研究所 muto at jca.apc.org
2014年 10月 1日 (水) 14:46:29 JST


みなさま

PP研より大和田です。
直前のお知らせになり恐縮ですが、
世界社会フォーラムの発案者のお一人であり、現在も国際コーディネーターを
つとめていらっしゃるシコ・ウィタケーさんの来日に際して、急遽ささやかな囲む
会を企画いたしました。

*∴∴∴∴∴∴∴*∴∴∴*∴∴∴∴*∴∴∴**
*
*シコ・ウィタケーさんを囲む会*
日時:2014年10月7日(火) 午後2時〜5時
場所:ピープルズ・プラン研究所
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd1/index.php?id=5

*∴∴∴∴∴∴∴*∴∴∴*∴∴∴∴*∴∴∴*


シコさんはブラジルで、「原発のないブラジル連合」を結成し、憲法で原発を禁止
することを求めて活動していらっしゃいます。特に今年11月に改訂期を迎えるドイ
ツとの原子力協定の破棄に向け、ブラジル国会でも公聴会で発言をするなど活発
な活動を展開されています。

ブラジルでは現在2機の原子炉が稼働しており、3機目が建設中、さらに4機の建
設が予定されています。これまでの原発建設はドイツが支えてきました。
ドイツが脱原発を決めた流れでドイツとの原子力協定も破棄される可能性は十分
あるのですが、なんと、その後釜を狙って安倍政権がブラジルとの原子力協定を
結んで、ブラジルへ原発を輸出しようとする構えを見せ、昨年6月にはブラジル大
統領来日の際に原子力協定締結に向けた会談が予定されていました。
これを打ち破ったのはワールドカップへの巨額支出に反対して町を埋めたブラジ
ルの人びとの抗議行動でした。その後、シコさんの率いる原発のないブラジル連合
はPP研などと連携し、日伯原子力協定に反対する署名を提出しています(2013年
9月13日)。

しかし、安倍首相は先日ブラジルを訪問し、原子力分野での協力を進めるという共
同声明を発表し、今なお、ブラジルへの原発輸出の可能性は消えていません。

今回の来日は、Green Cross Internationalの主催する福島での原発に関する国際
セミナーに参加されるためですが、この機会に、ぜひ反原発や世界社会フォーラム
の可能性などについて語り合う場を持ちたいと思っております。

貴重な機会ですので、脱原発を世界の基調としていくためにも、ぜひご参加くだ
さい。
シコさんはオルタナティブなノーベル賞と呼ばれるRight Livelihood Award受賞
者でも
あります。

ご参加をお待ちしております!


CML メーリングリストの案内