[CML 035222] 今日の言葉(「私」と総選挙)10(9の続) ――自民のテレビ局「選挙報道」干渉問題。テレビ朝日の「朝生」自粛問題へと波及。言論弾圧で恐ろしいのは下から起こる言論の自粛と萎縮だ。

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2014年 11月 29日 (土) 17:41:53 JST


「今日の言葉」(「私」と総選挙)は昨日の「今日の言葉」の続版。

朝日新聞は28日の「選挙報道『公正に』 自民、TV局に文書 街頭インタビューにも言及」に続いて29日は「衆院選:TVへ要望
―政権党が言うことか」という社説を掲げました。また、毎日新聞は、自民党のテレビ局「選挙報道」干渉問題に続くあらたな事態
として「テレ朝『朝生』:荻上チキ氏らの出演拒否」という記事を報道しました。さらに同「出演拒否」問題について、出演中止の通告
を受けた当人としての「荻上チキ『朝生テレビ!』出演中止の経緯」という記事。さらにまた、このあらたな「選挙報道」自粛版という
べき事態についての想田和弘さん(映画監督)と國分功一郎さん(哲学者)の感想。そしてさらに、この国のメディアの「選挙報道」
には堂々と干渉宣言をしながら、逆にメディア統制が効かない外国特派員協会の記者会見には出席拒否をするという自民党の反
民主主義体質を報じるAFP記事(この問題に関しては日本のメディアの報道はなかった模様です。したがって、この問題については
外国記事のみの紹介になります)。

以上で、私のいわんとしたいことは表題のとおり。すなわち、「言論弾圧で恐ろしいのは下から起こる言論の自粛と萎縮だ」(國分
功一郎さん)ということです。

なお、昨日の「今日の言葉」は以下。

・今日の言葉(「私」と総選挙)9 ――自民党が選挙報道に厳しい干渉を加えている。メディアは、海外の高名なジャーナリスト(ウォ
ルフレン)に指摘されるまで沈黙を守っていた。この国のメディアは、既に全身麻痺状態である。
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-1080.html

以下、「今日の言葉」(「私」と総選挙)。

朝日新聞社説「(衆院選)TVへ要望―政権党が言うことか」(2014年11月29日)から。 

http://www.asahi.com/paper/editorial.html?ref=nmail_20141129mo&ref=pcviewpage

衆院選の報道について、自民党がテレビ局に、〈公平中立〉〈公正〉を求める「お願い」の文書を送った。総務相から免許を受けて
いるテレビ局にとって、具体的な番組の作り方にまで注文をつけた政権党からの「お願い」は、圧力になりかねない。報道を萎縮
させる危険もある。見過ごすことはできない。自民党の萩生田光一・筆頭副幹事長と福井照・報道局長の名前で出された文書は、
20日付で在京の民放キー局5社に送られた。NHKは来ているかどうか明らかにしていない。文書は、過去に偏った報道があっ
たとしたうえで、出演者の発言回数と時間▽ゲストの選定▽テーマについて特定政党への意見の集中がないように▽街頭インタ
ビューや資料映像の使い方の4点を挙げ、公平中立、公正を期すよう求める。選挙の際、報道機関に公正さが求められるのは
当然だ。なかでもテレビ局は、ふだんから政治的に公平な番組を作らねばならないと放送法で定められている。日本民間放送連
盟の放送基準、各局のルールにも記されている。政権党が改めて「お願い」をする必要はない。文書には〈具体名は差し控えます
が、あるテレビ局が政権交代実現を画策して偏向報道を行い、それを事実として認めて誇り、大きな社会問題となった事例も現実
にあった〉ともある。1993年のテレビ朝日の出来事を思い浮かべた放送人が多いだろう。衆院選後の民放連の会合で、報道局
長が「反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようという考え方を局内で話した」という趣旨のことを言った問
題だ。仲間内の場とはいえ、不適切な発言だった。局長は国会で証人喚問され、テレビ朝日が5年に1度更新する放送局免許に
も一時、条件がついた。ただし、放送内容はテレビ朝日が社外有識者を含めて検証し、「不公平または不公正な報道は行われて
いない」との報告をまとめ、当時の郵政省も「放送法違反はない」と認めた。文書がこの件を指しているとすれば、〈偏向報道〉は
誤りだ。放送に携わる者の姿勢が放送局免許にまで影響した例を、多くの人に思い起こさせた威圧効果は大きい。選挙になると
テレビ局には与野党から様々な要望が寄せられるという。テレビ局は受け取った要望書などを、公平に公表してほしい。有権者に
とっては、そうした政党の振る舞いも参考になる。

毎日新聞「テレ朝『朝生』:荻上チキ氏らの出演拒否」(2014年11月29日)から。
http://mainichi.jp/shimen/news/20141129ddm041040130000c.html

以下、省略。全文は下記をご参照ください。
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-1081.html


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/ 



CML メーリングリストの案内