[CML 035192] 【ご案内】11/29(土) 放射能はイヤ!被ばくしない権利のための西日本公聴会&つどい

山田敏正 toshi-y at kids.zaq.jp
2014年 11月 28日 (金) 01:00:11 JST


山田@放射能から豊中の市民・子どもを守る会、です。

〔拡散希望〕
あす開催の、標記企画のご案内です。

いくつかの報道機関から問い合わせがあります。
一新聞社からは、当日の取材依頼が来ました。
神戸新聞に、紹介記事が載りました。
放射能健康被害・健康不安に改めて関心が集まっています。福島では、
検証のためのTV特集も準備されています。

★名称: 「11/29 放射能はイヤ! 被ばくしない権利のための  西日
本公聴会&つどい」
★日時: 11月29日(土)13:30(13:00開場)〜16:45
★会場: 大阪市鶴見区民センター・小ホール(200人)
 〒538-0052 大阪市鶴見区横堤5-3-15(鶴見区役所西隣)
 電話 06-6912-3971
★アクセス:地下鉄鶴見緑地線「横堤」 4番出口 徒歩3分
★参加費:700円(避難者300円)
★主催:放射能健康診断100万人署名運動全国実行委員会
http://housyanoukenko.3rin.net/

★主な内容 
<第1部 公聴会>
1、近畿に避難した被災者・裁判原告ら4人の証言
  Aさん(横浜市→奈良に母子避難)、Bさん(千葉県松戸市→大阪
市に母子避難)、Cさん(福島県相馬市→滋賀県に家族避難)、Dさん
(高槻市の一児の母)
2、医療問題研究会山本Dr.「甲状腺がん・健康被害の現実」

<第2部 つどい>
3、玄海原発プルサーマルと 全基をみんなで止める裁判の会・永野さ
んの報告4、福島から(予定)
5、西日本各地の運動報告(高浜・伊予など)

★呼びかけ 
第1部の「公聴会」は、原発事故の避難者・損害賠償裁判の原告らが自
ら体験した放射能と健康被害、健康不安を社会に伝えます。
第2部「つどい」では、住民の被ばくを前提にする原発事故の「避難
計画」を、玄海原発の裁判原告が訴えます。
原発事故の当事者が訴える証言集会です。 

今も福島原発は海と空に大量の放射能を放出し、食材を通じて西日本
にも放射能が流通します。皆さんは食品の放射能が気になることはな
いですか。
福島県では子どもの甲状腺がん患者が100人を超え、異常な多発で
す。でも国は「健康被害はないはずだ」と言い、福島県以外では放射
能の健康診断さえ実施しません。
しかし放射能の健康被害は隠しようがなく、健康不安の声は抑えつけ
られません。その声を大きく、社会に公にするのが「公聴会&つどい」
です。
「どこでも誰でも放射能健診」の100万人署名運動は、この声を、
国を動かす力に変える運動です。いま12万筆。早く100万筆を達
成するために、ご協力ください

*****************************
山田敏正
toshi-y at kids.zaq.jp
http://nonuketoyonaka.blog.fc2.com/
*****************************



CML メーリングリストの案内