[CML 035148] ● 12 ・ 19 「戦後 70 年・東アジア市民連帯」第 2 回集会のご案内

kenju watanabe nrc07479 at nifty.com
2014年 11月 25日 (火) 21:06:33 JST


日韓ネット@渡辺です。 BCC及び複数のMLに送ります。
            重複ご容赦。

安倍政権による党利党略だけの解散・総選挙で慌ただしい状況ですが、来年の「戦後70
年」「65年日韓条約体制50年」を問う取り組みが国際的な連携を含め開始されてます。

戦後70年を期した安倍談話が取りざたされています。村山談話や河野談話などを事実上
反故(ほご)にしていくような安倍談話など許されるものではありません。私たちは、さ
まざまな運動体の共同で来年の「戦後70年」に市民・民衆宣言を出し、安倍とは異なる
私たちの方向を打ち出したいと考えています。またこれを韓国・朝鮮、中国、米国をは
じめとする欧米諸国の市民団体との国際的な共同の取り組みとして安倍包囲の陣形を作
りたいと思います。

その取り組みの一環として、下記の連続集会があります。ぜひ、ご参加ください。

【拡散歓迎】
******************************
「戦後70年 新しい東アジアへの一歩へ!市民連帯連続集会」
  第2回「ヘイトスピーチとたたかうために(仮題)」
******************************

 昨年流行語にまでなってしまったヘイトスピーチ。今年に入ってからは国連の自由権
規約委員会・人種差別撤廃委員会から勧告が出されるなど、国際社会は解決を迫ってい
ますが、日本政府は真摯な対応を行っていません。在日コリアンをはじめとした国内の
マイノリティは、いまだに排外主義の暴力にさらされ続けています。
 なぜ政府はヘイトスピーチ対策をおざなりにしているのか。そこには差別や歴史認識
の問題はもちろん、民主主義をめぐる認識にも原因があります。この状態を放置したま
までは、日本は依然としてアジアから孤立したままです。
 「東アジア市民連帯」連続集会の第2回では、前田朗・東京造形大学教授をお招きし
、ヘイトスピーチの解決のためにわたしたちがすべきことについてお話していただきた
いと思います。みなさんもぜひご参加ください。

●とき:12月19日(金) 開会18:30〜

●ところ:連合会館(旧総評会館) 201会議室 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
 (最寄駅 東京メトロ「新御茶ノ水」駅、「淡路町」駅都営新宿線「小川町」駅、JR
「御茶ノ水」駅)
    http://rengokaikan.jp/access/
●参加費:無料

●講 師:前田朗さん(東京造形大学教授)

主 催:戦後70年 新しい東アジアへの一歩へ!市民連帯(東アジア市民連帯)

【呼びかけ団体】平和フォーラム	、ピースボート、日韓つながり直しキャンペーン201
5、日韓民衆連帯全国ネットワーク、「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連
絡会、村山首相談話を継承し発展させる会、東京朝鮮人強制連行真相調査団、6・15共
同宣言実践日本地域委員会、朝鮮学園を支援する全国ネットワーク、朝鮮の自主的平和
統一を支持する日本委員会、日本朝鮮学術教育交流協会、「戦争と女性への暴力」リサ
ーチ・アクションセンター(VAWW RAC)

お問い合わせ フォーラム平和・人権・環境 TEL:03-5289-8222


 **********************************************
 日韓民衆連帯全国ネットワーク
  東京都文京区小石川1-1-10-105
  TEL/FAX 03-5684-0194
   ブログ http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/
 **********************************************


CML メーリングリストの案内