[CML 035093] 【ご案内】11月24日 第17回被ばく学習会

T.kazu hamasa7491 at hotmail.com
2014年 11月 22日 (土) 10:42:56 JST


<転送・拡散は大歓迎です>

皆さま
いつもお世話になっています
第17回被ばく学習会のご案内です。
http://www57.atwiki.jp/20030810/pages/175.html

=================================================
健康調査は、いったい どうなっちゃうの?
~福島および関東ホットスポット、母親たちの希望と不安~
=================================================
2014年11月24日(月祝)
13:15~17:15(13:00開場)
文京区茗台アカデミー 学習室A
地図 http://goo.gl/lHA5hf
資料代等・講師旅費:1000円
【申込】anti-hibaku at ab.auone-net.jp

今日の新聞は衆議院解散一色ですが、
その陰で、重大な問題が進行しています。

年内にも「中間取りまとめ」で、甲状腺検査縮小を勧告しようとしている環境省「長瀧会議」 (※) 。
その第13回(裁判で言うと判決まえの結審公判)が開かれる11月26日の前々日24日に、
福島在住の医療ジャーナリストである藍原さんをお迎えして
学習会を開くことは、グッド・タイミングかといえましょう。

(※)東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議

1.「長瀧会議」の結論によって福島の県民健康調査は今後どうなるのか?
2.県内・県外の健康調査要求の声は無視されるのか?
3.福島と関東、子どもをもつ母親たちの声なき声、腹の底からの叫びは?

プログラム

1、被ばく健康問題をめぐる最近の状況(主催者)
2、首都圏からの問題提起(関東ネット、会場から)
  市民独自の(自治体への働きかけを含めた)健康対策実績を踏まえた、
  「長瀧会議」への怒り
3、藍原寛子さん講演
  福島在住の医療ジャーナリストから見た放射線健康問題
  ~県民健康調査の今後、福島県民の希望と不安~
4、質疑応答・ディスカッション

ふるってご参加ください
ni0615田島直樹
==========================================
でんわ 080-6642-2864
めーる hamasa7491あっとhotmail.com
放射線被ばくを学習する会 共同代表
ほーむ http://www57.atwiki.jp/20030810
=========================================== 



CML メーリングリストの案内