[CML 035075] 【大緊急】軍事に急傾斜する「宇宙基本計画」案パブコメに意見を!(21日が締切)&軍学共同反対ネット署名

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2014年 11月 21日 (金) 00:25:53 JST


東京の杉原浩司(ガザの人々を殺すな!実行委員会/緑の党 脱原発・
社会運動担当)です。[転送・転載歓迎/重複失礼]

政府は、11月8日に新「宇宙基本計画」(素案)を発表し、現在、パブリ
ックコメント(意見募集)が行なわれています。と言っても、締切は本日
11月21日(金)いっぱいです。お知らせが遅くなりすみません。

新「宇宙基本計画」(素案)に関する意見募集について
[意見募集期間:11月8日~11月21日]
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=095141050&Mode=0

その中にある、
新「宇宙基本計画」(素案) (PDFファイル) と
意見募集要項 (PDFファイル) をクリックしてご覧ください。
※上記のページに意見フォームが明示されておらず、また、メールのみで
ファックスによる意見は受け付けないという非常に不親切なパブコメです。

安倍首相の「お友達」の葛西敬之氏(JR東海名誉会長)が委員長を務める
宇宙政策委員会が策定した今回の計画「素案」は、宇宙利用を「安全保障」
へと露骨に傾斜させるものです。短い「前文」だけでなんと7回も「安全
保障」という言葉が出てきます。

また、「2.我が国の宇宙政策の目標」を見ると、まず最初に(1)宇宙安
全保障の確保 とあり、宇宙を活用した我が国の安全保障能力の強化
1宙協力を通じた日米同盟等の強化 と続きます。「民生分野における
宇宙利用の推進」は後回しであり、軍事利用を最優先するという本音を丸
出しにしたものです。

この「宇宙基本計画」(案)は、安倍政権が進めてきた、秘密保護法制定
や武器輸出三原則の撤廃、集団的自衛権の行使容認の閣議決定などと密接
に連動するものに他なりません。また、日米ガイドライン改定においても、
宇宙軍事協力が柱の一つに位置づけられています。

加えて、「抗たん性」(軍事施設が、敵の攻撃に耐えてその機能を維持す
る能力)などの軍事・専門用語が説明責任を投げ捨てて乱発されています。
その傲慢な姿勢は驚くべきものです。政府はこの計画を年内に閣議決定し
ようとしています。

パブコメの【締切は本日21日(金)いっぱい(23時59分まで)】です。残
り時間は少ないですが、ぜひ意見を届けましょう。短いものでも構いませ
ん。以下にポイントをいくつか挙げてみました。なるべくご自分の言葉で
書いてください。

★【意見提出フォーム】
※1意見は1000字以内です。何回でも投稿できます。
https://form.cao.go.jp/space/opinion-0002.html

なお、「一つの意見につき、それぞれ該当する章番号を選択のうえ、一つ
ずつ記入ください」とのことですが、全体に関わる意見でも構わないと思
います。

・パブコメの募集期間がわずか2週間と短すぎる。広報も極めて不十分。
・宇宙利用は軍事ではなく平和利用に限るべき。
・「宇宙の平和利用原則」を取り戻すべき。宇宙基本法を改定し、軍事利
用の放棄を。
・「情報収集衛星」という名の無用で無駄な偵察衛星の放棄を。
・早期警戒衛星の研究開発の中止を。
・Xバンド防衛衛星通信網の整備の中止を。
・JAXA(宇宙航空研究開発機構)と防衛省との共同研究・開発の中止を。
・宇宙利用を危険な「国家安全保障戦略」から切り離すべき。
・「産業基盤の維持」を名目に軍需産業を保護することに反対。

ちなみに、以下は、私が急いで最初に提出したものです。

「憲法9条を保持する日本は、宇宙利用も厳格に平和利用に限るべきです。
今回の素案には「安全保障」という表現が何度も表れ、軍事利用への傾斜
が露骨です。日本が従来堅持していた「宇宙の平和利用原則」を取り戻し、
宇宙利用の軍事化の道から撤退するよう求めます。まず、素案から安全保
障や軍事に関わる部分を削除するべきです。そのうえで、宇宙基本法を改
定し、宇宙の軍事利用を認めない内容へと戻すことを強く求めます。」

<参考>
【社説】宇宙基本計画―安保色が強すぎる(11月18日、朝日)
http://www.asahi.com/articles/ASGCK3D4CGCKUSPT006.html

新宇宙基本計画素案:安全保障が最重要課題(11月8日、毎日)
http://mainichi.jp/select/news/20141108k0000m040127000c.html

防衛省開発のセンサー、JAXA打ち上げへ(11月13日、朝日)
http://www.asahi.com/articles/DA3S11452378.html

---------------------------------------

★なお、以下の通り、日・米・イスラエルの軍事的一体化、イスラエルの
戦争・占領政策への日本の加担を推進することになる動きだとして、反対
の声を上げるよう呼びかけられています。こちらも、ぜひ参考に。

新・宇宙基本計画案に抗議のパブリック・コメントを!(11月21日まで)
http://palestine-heiwa.org/news/201411141331.htm

政府は、11月8日に新「宇宙基本計画」(素案)を発表し、宇宙協力にお
ける日米同盟強化の方向性を明確にしました。このことは、取りも直さず
日本・米国・イスラエル間の軍事協力に直結する問題です。というのも、
イスラエルにおける宇宙開発の中軸的機関であるイスラエル宇宙局は、
1980年代からアメリカ航空宇宙国(NASA)と緊密な協力関係にあるからで
す。先月来日したイスラエル科学技術相ヤアコブ・ペリーは、「イスラエ
ルは超小型衛星の開発にも力を入れている。日本の技術も進んでおり、両
国の強みを生かした連携が可能だ」として、日本の民間企業や宇宙航空研
究開発機構(JAXA)との連携を進める意向を示しています。JAXAのホーム
ページでは、イスラエルの宇宙開発予算の大半が国防関連にあてられてい
ることが指摘されています。安倍政権のもとで、日本の外交は急速に、パ
レスチナ人虐殺を遂行・支援する「対テロ同盟」に引きずり込まれつつあ
ります。

--------------------------------------- 

★また、この間、宇宙の軍事利用や軍学共同の動きに警鐘を鳴らされてい
る池内了さん(総合研究大学院大学)たちが軍学共同に反対するネット署
名を行なわれています。こちらにもぜひご署名ください。周りにも広めて
ください。

軍学共同(大学・研究機関における軍事研究)反対アピール署名
http://no-military-research.a.la9.jp/

署名フォーム
http://no-military-research.a.la9.jp/modules/signature/



CML メーリングリストの案内