[CML 035015] バナナになりたがる日本人 Re: ブラック国家批判の作法

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2014年 11月 17日 (月) 10:25:32 JST


前田 朗です。
11月17日

石垣敏夫さん

:石垣さんはまだ「欧米コンプレックス・アジア(アフリカ含む)蔑視」から卒 
業できていません。

***********************************

*以下は【ブラック】表現について私の知人から聞いた話です。
*日本に10年ぐらい住んでいるアメリカ人(白人、男性)の活動家に最近聞いて 
みました。
  彼の意見では、 「もし、海外で日本の【ブラック企業】というような活動家 
の企業批判の言葉を聞いたら、 人々は日本の運動は日本国内だけを見て、海外 
のことは視野に入っていないのだという感想をもつでしょう。 これだけ世界が 
近くなっているのに海外の国々の価値観を全く気にしない姿勢だと思われるで 
しょう。 アメリカ、イギリス、オーストラリア、南アフリカやその他、歴史的 
に人種差別問題を抱えて来た国では、 悪いもの、邪悪なものを表す意味で、運 
動の側の人々がブラックを使うことは考えられないことです。」というものでし 
た。

***********************************

文脈を無視して、所かまわずアメリカ人の言うことに従えと要求する石垣さんの 
癖は何とかなりませんか。

無理にとは言いませんが、アメリカ追随主義からそろそろ卒業を目指したほうが。

それでは、さようなら。








CML メーリングリストの案内