[CML 034975] 『国境の記憶』みるんだ両国で ビオレタ・ルナのパフォーマンスと

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2014年 11月 15日 (土) 07:07:24 JST


吉川恵美子上智大学教授 <http://pweb.sophia.ac.jp/emiko-y/>たちの企画。

パフォーマンス・アートだ、おんなの。

--------------------------------------------------------------------------------------
以下、転載

『国境の記憶』 Parting Memories <http://www.theaterx.jp/14/141119-141120p.php>

2014年11月19日(水)~20日(木)

両国シアターX <http://www.theaterx.jp/index.php>

東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア内

料金:千円

ビオレタ・ルナ初来日公演
  “故郷にチャンスはない。アメリカはチャンスの国”

戦禍、貧困、弾圧を逃れて国境の向こうの理想郷をめざして人は旅立つ。

国境越えの斡旋業者“コヨーテ”の助けを借りた命がけの旅の向こうにあるものは…

アメリカ大陸の南北問題を問うアート作品の神髄がここにある。
ビオレタ・ルナ

メキシコ出身のパフォーミング・アーティスト。サンフランシスコに拠点を置くラティーノの芸術集団La Poncha Nostra
<http://www.pochanostra.com/>
のメンバーとして活躍。世界各地で公演、高い評価を得ている。芸術の社会的使命を問う。マグダレーナ・プロジェクトのメンバーとして活躍。
マグダレーナ・プロジェクト

1984年にウェールズで誕生した国際女性演劇人ネットワーク。伝統演劇の制約に縛られない自由な身体表象パフォーマンスを実践する世界の女性アーティストが集う国際集会を各地に展開。ラテンアメリカの女性アーティストは自らの表現の場をここに得た。



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内