[CML 034965] 11/15(土)18:30〜つながるトーク 第2回「私たちのとなりの非正規滞在外国人」

KIM Boongang / 金朋央 boong at space.ocn.ne.jp
2014年 11月 14日 (金) 18:24:52 JST


コリアNGOセンターの金朋央です。

明日開催のセミナーです。
直前のお知らせで恐縮ですが、どうぞよろしくお願い致します。


【転送歓迎】
◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
             全8回 (2014年10月〜2015年6月)

  連続セミナー
    つながるトーク  移民を知ろう、移民と語ろう

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【第2回】「私たちのとなりの非正規滞在外国人」
     2014年11月15日(土) 18:30〜  @上記会場

  ▼スピーカー:
   エマニュエル・ジャムフィ さん

  「非正規滞在外国人」って、誰のこと?

  1980年代に起きたプラザ合意における急速な円高、それ
 に伴う日本とアジア・アフリカ諸国との経済格差の拡大、日本
 における空前の好景気・労働力不足を背景に、日本で働く外国
 人労働者の数が急増しました。彼/彼女たちは、日本人の若者
 が重労働を避ける傾向になるなか、工場、建設現場等で日本の
 経済・産業を下支えしました。

  出身国での限られた雇用機会や格差拡大、従来の出稼ぎ先の
 中東石油産油国における不況を背景に、豊かさを求める人びと
 は、単身で、母国の家族の生活を支えるために、時には家族と
 ともに、遠く離れた日本で働き、生きていくことになります。

  しかし、受け入れた日本社会には、彼/彼女らを合法的に受
 入れる制度や在留資格はなく、多くの外国人労働者たちは在留
 資格がないまま日本で暮らし、働いてきました。

  一言で「在留資格がない」=非正規滞在者、と言っても、実
 は一人一人に「ストーリー」があります。工場で日本人を指導
 する技術者にまでなった人、日本で結婚した人、子どもができ
 た人、20年あまり過ぎてすっかり出身国に身寄りがなくなった
 人、誰からも助けてもらえず在留資格の更新ができなかった人、
 人身売買の被害を受けた人、病気になった人・・・

  在留資格がないということだけで、基本的な人権が守られな
 かったり、時には命の危険にさらされたりすることもあります。
 実際にかつて非正規滞在だった当事者のストーリーから、「と
 なりにいる非正規滞在外国人」がどんなことを経験し、どんな
 思いで日本で暮らしているのか、そして今回のゲストが「在留
 特別許可」を受けた後、どのような将来を描いているのか、
 「排除」に代わる「多民族多文化共生社会」に何が求められて
 いるのか、この機会に一緒に共有しませんか?

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ● 会場 ●
  在日本韓国YMCA 3階 教室
  〔地図〕http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/
  (東京都千代田区猿楽町2-5-5、 03-3233-0611
   JR・水道橋駅東口徒歩6分、地下鉄・神保町駅徒歩7分)

 ●定員● 各回 20名

 ●参加費● 1,000円/学生は500円

 *事前申込みは必要ありません。

 ● 主催 ●
  移住労働者と連帯する全国ネットワーク(移住連)
  在日本韓国YMCA
  RAIK(在日韓国人問題研究所)、

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 2012年7月、在日外国人に対する「新しい在留管理制度」がスター
トしました。その影響は、外国人の生活の各方面に及び、さまざま
な問題が生まれています。一方、政府は2020年東京オリンピック・
パラリンピック開催準備にともなう労働力不足を埋めるため、海外
から人を受け入れる方針を決めました。オリンピック・パラリン
ピックに向けては、“ヘイトスピーチ”という形で注目を集めてい
る人種差別問題も当然避けては通れません。
 既に200万人を超える外国籍の人たちが暮らしている日本。多民
族が共に尊重し合い権利が守られながら住める社会になるためには
、どのような法制度や、意識の転換が必要なのでしょうか?
 〈在日外国人〉を多様な側面からスポットを当て、外国人当事者
の声を聞き、研究者やNGO実務者の意見を聞きながら、〈多民族・
多文化共生社会〉について話し合う連続セミナーを開催します。
 とくに外国人・移住者問題に関心を持つ学生の方の参加を歓迎し
ます。ぜひご参加ください。

 ◆各テーマ/日程    ※基本、土曜日18:30に開始
  (1) 子ども     2014年 10月 25日 (土) 18:30〜
  (2) 非正規滞在者  2014年 11月 15日 (土) 18:30〜
  (3) 難民      2015年 1月 24日(土)18:30〜
  (4) 外国人被災者  2015年 2月
  (5) 移住女性    2015年 3月 24日(土)18:30〜
  (6) 留学生     2015年 4月
  (7) 在日コリアン  2015年 5月
  (8) 移住労働者   2015年 6月
 ※順番は変わる場合があります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 【お問合せ先】
 ◆在日韓国人問題研究所(RAIK)
     FAX:03-3202-4977  raik@kccj.jp
 ◆移住労働者と連帯する全国ネットワーク(移住連)
     TEL:03-3837-2316  smj-office@migrants.jp

 *この連続セミナーに関する最新情報は、以下↓のサイトに
  http://korea-ngo.org/event/event14.html#tsunagaru_talk
  
 *改定入管法問題に関する解説、関連資料リスト、
  イベント情報などは ⇒ http://www.repacp.org/aacp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



CML メーリングリストの案内