[CML 034961] Re: 「科学」的な議論を「政治」的に議論するおかしな作法について(2) ――今年の福島産の米は基準超えなし高世仁さん(ジャーナリスト)の「諸悪莫作」(2014-11-12)

T.kazu hamasa7491 at hotmail.com
2014年 11月 14日 (金) 09:27:00 JST


東本さん
お久しぶりです。

私は
"「科学」的な議論を「政治」的に議論するおかしな作法について"
という題名を見たとき、
ああこれは、
知ったかぶりをする東本さんのような人への批判で、
それに対して東本さんが反論しているのかなあ、とまず思い、
ご投稿はスルーしてました。

ところが、ちょっと拝見しましたら、
東本さんが 
”「科学」的な議論を「政治」的に議論するおかしな作法”」を批判しているではありませんか!
アップサイドダウン! あべこべ
私は、お日様がきょうからは西から昇り東に沈むんだ、と、仰天しました。

失礼を省みず申し上げれば、
東本さんに科学的議論を語る資格はありません。 

なぜなら、

1、あなたは名の通った「科学者」の言い分をオオム返しに語るだけの人だからです。、
昔の理科の教科書を引っ張り出して自分の力で科学を読み解こうなどという精神のひとかけらもありません。
つまりあなたこそ、名の通った「科学者」の言い分を
「 政 治 的 」 に 利 用 し て い る だ け な の で す 。

オウム返しに唱えるのは「科学」ではなく「お経」のはずです。

2、あなたが例に挙げる名の通った「科学者」とは、みなさん「御用」の向きのかたがたですね。

東本さんは中川恵一さんをあげたことがあります。
中川さんは、福島ではがんは増えないといっていたのが、
最近は避難解除の政治要請からか
福島では癌がふえる、なぜなら避難したから、と主張をかえましたね。

これにどんな科学的根拠があるのでしょうか? 

筋金入りの御用学者です。東大医学部准教授です。

早野龍五さんは、あの当時、
「福島第一原発はメルトダウンするはずが無い」といって
そのおそれを指摘した人をtwitterでなじり、 

いっぽうで霞ヶ関を駆けずり回った東大素粒子教授ですね。

かれはその後なぜか、専門外の「ホールボディカウンター教授」として名を馳せましたが、
今ホールボディで子どもたちを測定すれば低いデータが出るのは当たり前です。
母親たちはそれはそれは、子どもたちの食餌の材料には神経をつかっているのですから。

坪倉正治氏とともに「値は低いぞ~」の大合唱ですが、
ごくろうさまです。

早野氏も坪倉氏も、
初期被ばくに対する言及(心配)は一切やめてしまいましたね。
とても政治的ですね。

科学者が「政治的」に「科学」を語ってやしないか、
それを吟味しなくてはいけない時代が、
3.11以降はじまった、と見るべきでしょう。 


東本さんのように科学について何の勉強もしようとしない人が、
懸命に勉強して「吟味」を試みようとしている人の揚げ足をとって、
すでに膨れた中年腹を満足させているようじゃ、 

世も末です。

あ、すいません、
東本さんはご自分の言葉で揚げ足を取ったのではなく、
だれかさんをコピペして揚げ足を取ったんでしたね。
ni0615田島拝


-----Original Message----- 
From: higashimoto takashi
Sent: Thursday, November 13, 2014 5:45 
PM
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/



CML メーリングリストの案内