[CML 034958] Re: 最大のピンチをチャンスに

石垣敏夫 motoei at jcom.home.ne.jp
2014年 11月 14日 (金) 07:44:13 JST


みなさん
大塚要治さん賛同します、

基盤は『ピース・マニフェスト』
(平和とは単に非戦だけでなく、差別抑圧等がなく人権が保障されていることです)

1.特定秘密保護法の廃棄。
2.集団的自衛権に関する閣議決定(2014.7.1)の撤回。
3.原発再稼働の撤回。(原子力発電=「ベースロード電源」とするエネルギ―政策の見直し)
4.辺野古への米軍基地移設撤回。
5.TPP妥結阻止、農業・医療等々を守る、
6.消費増税撤回
7.非正規雇用労働の全面廃止
8.女性が自立できる職場環境の整備と保障
9.最低賃金の増額
10.武器輸出の禁止と防衛費の削減
11.日朝国交回復(正常化)と拉致問題の解決
12,原発被害者の生活保障と放射能から子どもを守る
 (5.以降加筆 要求に共感すれば有権者は投票所に向います)
    石垣敏夫


解散を非難して喜ばない野党はもはや野党とは呼べません。
「安倍政権と訣別のときが来た。」と歓呼の声がどうして上がらないのか。
政権を奪取する力もなければ、その気概すらない野党に期待は全くできません。

今度の選挙の争点は、安倍経済政策の成果を問うなどという、そんな矮小なものではすみません。
戦後70年の日本の歩みを問い、今後70年の日本の行く末を決める、でっかいものです。
「戦争か、平和か」
「国権伸張か、民権拡大か」
「格差を拡大するのか、縮小するのか」
争点を明確にして、安倍自民党を粉砕する、大きな風を吹き起こしていかなくてはなりません。

私たちが政党を一つ立ち上げるくらいの気構えで、大きな政治思潮を作り出す。
もちろん基盤は『ピース・マニフェスト』です。

その上で、短期的に政策を提言する。
政策的には、とにもかくにも、この二年間の安倍政治を御破算にする。
1.特定秘密保護法の廃棄。
2.7/1集団的自衛権に関する閣議決定の撤回。
3.原発再稼働の撤回。(原子力発電=「ベースロード電源」とするエネルギ―政策の見直し)
4.辺野古への移設撤回。
この4点は最低限譲れないところではないでしょうか。

この政策課題を遂行するにたる政権構想を唱道していく。

公示までの二週間が勝負です。
大きな政治をして、大風を吹かして、大きな輪・和を作っていきたいものです。
大塚要治拝


MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

----------------------------------------------------------------------
★★★ あなたが英語を話すために、私に10日間下さい! ★★★
英会話習得のために、もうこれ以上無駄な時間とお金を使わないで
下さい。聞き流す『スピードラーニング』で石川遼選手も英語が話
せるようになりました。疑う前に無料で10日間試してみて下さい。
10日試せば一変する、これは誰もが英語を話せるメソッドです!
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=mdB3s
------------------------------------------------------[freeml byGMO]--


CML メーリングリストの案内