[CML 034926] 11/16(日)韓国の原発の現状を知る学習会 <日韓市民の連携で脱原発の道を開く>@スペースたんぽぽ

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2014年 11月 12日 (水) 15:04:06 JST


紅林進です。
  
11月16日(日)に東京・水道橋の「スペースたんぽぽ」で開催されます下記学習会の
ご案内を転載させていただきます。

(以下転載) 

韓国の原発の現状を知る学習会 <日韓市民の連携で脱原発の道を開く>

韓国では現在23基の原発が稼働し、2035年までに41基が稼働する計画です。もし韓国
で原発事故が起これば、私たちは福島原発事故の放射能被害に加えて、新たな放射能の
不安を抱えるようになります。現在、国内の原発は稼働されていませんが、脱原発にむけて
日本・韓国の市民が連帯することが重要な課題と考えます。長年、釜山で環境問題や脱原
発運動に取り組んで来られたキム・ヘチャンさん(キョンソン大学環境工学科教授)をお招きし、
韓国の原発の現状を共有し、将来に向けた脱原発と新たな市民社会の道を築いていきたい
と思います。

日時:11月16日(日)14:00~16:00
会場:スペースたんぽぽ 
    東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル4階
    (JR水道橋駅から徒歩5分、「たんぽぽ舎」の入っているビルの4階) 
        地図 http://www.tanpoposya.net/main/index.php?id=336
参加費:800円 
共催:NPO法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」090-2171-4971 たんぽぽ舎 03-3238-9035 


CML メーリングリストの案内