[CML 034926] 天皇出席の「全国豊かな海づくり大会」を考える11・16なら集会

吉田 宗弘 mnhryoshi at yahoo.co.jp
2014年 11月 12日 (水) 14:18:42 JST


 
反戦反天皇制労働者ネットワークの吉田です。
 
下記の集会が近くなりましたので、再度ご案内します。多くの参加を呼びかけます。
 

■天皇出席の「全国豊かな海づくり大会」を考える11・16なら集会

 ◇日時 11月16日(日)午後1時30分~4時30分    
 ◇場所 大和郡山市中央公民館 (大和郡山市南郡山町529-1 電話 0743-53-5350)
                    近鉄郡山駅から徒歩5分、JR郡山駅から徒歩15分
http://www.city.yamatokoriyama.nara.jp/facilities/main/community/000852.html 
 ◇発題 「海づくり大会」と私たち   参戦と天皇制に反対する連続行動から
         「南部東部振興」の欺瞞   憲法を生かす奈良県民の会から
 ◇各地からの発言         
 ◇参加費 無料
 ◇主催 参戦と天皇制に反対する連続行動  
 ◇協賛 憲法を生かす奈良県民の会
 
 今年11月16日、 奈良県吉野郡大淀町と川上村、そして五條市で天皇を迎えて「第34回全国豊かな海づくり大会~やまと~」が行われます。海のない奈良県での「海づくり大会」のテーマは「ゆたかなる 森がはぐくむ 川と海」で、それが「内水面漁業の振興につなが」り、南部地域の振興と「紀伊半島大水害」からの復旧・復興にもつながるといいます。どこの県でも掲げられる「漁業振興」や「漁業後継者の育成」ではありません。
 このテーマを推し進める契機として天皇が稚魚を放流する「放流・歓迎行事」が、川上村の巨大ダム、大滝ダム(龍神湖)で行われます。しかし、このダム建設の経緯はテーマとは真逆なのです。
 
 1960年川上村で二つ目のダムとして大滝ダムの建設計画が発表されました。54年から始まった一つ目の大迫ダム工事の最中でした(74年完成。水没世帯151、うち132世帯村外移住)。川上村は村の存亡に関わると、村を挙げて猛烈な反対運動を起こしました。川上村漁業協同組合も猛然と反対しました。“東の八ツ場(やんば)”と並ぶ“西の大滝”と呼ばれた闘いです。闘いは後退を強いられ、493戸が移転を余儀なくされ、その3分の2が村を去らざるをえませんでした。こうしたダム建設は村の人口を1960年約8千人から今年の1600人まで激減させた、つまり村を破壊した大きな要因と言えるでしょう。
 
 大滝ダムが完成した翌年の2003年、試験的に水を入れ始めると、1カ月もたたないうちに集落(川上村白屋地区)ごとダム底に向かって地すべりを引き起こし、家屋に亀裂が入るなど深刻な事態となりました。川上村の要望で、国土交通省も白屋地区の土地買い上げと全戸移転を骨子とした補償策を受け入れましたが、恒久的な移転は実現していないといいます。
      ◆     ◆
 川上村の紀の川流域の地盤については、かねてから脆弱性が指摘され、74年、金沢経済大学の吉岡金市さんなどは地滑りの危険性を警告しました。しかし、建設省(現・国土交通省)は建設に執念を燃やし、水没者一人ひとりを切り崩し、土地収用法によって土地の収用を強行したのです。
 
 ダムの建設事業費は、計画当初の230億円から、完成後の地すべり対策なども含めて計3640億円と桁外れに増えました。ゼネコンの熊谷組、日本国土開発、大豊建設、大成建設、鹿島建設、奥村組などが大儲けをしたのです。
      ◆     ◆
 2011年9月、台風12号は奈良県南部に甚大な被害をもたらしました。川上村の大滝ダム周辺では、村役場付近の山の斜面が大量に崩れてダム湖に流れ込み、近くの山肌に新たな亀裂も見つかるなど、危険な状態となりました。
      ◆     ◆
 「海づくり大会」会場となる大滝ダムは、このように住民と漁民が反対したダム、人間の尊厳を踏みにじり人権を蹂躙してきたダム、日本資本主義の「発展」ためには村の破壊も許されるというダム、そしていまなお危険極まりないダムです。今後もこのダムが住民に厄災をもたらすのは間違いありません。まさに大滝ダムは、東の八ツ場とともに、歴代自民党政権の象徴的犯罪です。
 
 奈良県や国は、こうしたダムで天皇出席の「海づくり大会」を行い、天皇による「稚魚の放流」パフォーマンスで、「ゆたかなる 森がはぐくむ 川と海」実現の契機にするといいます。しかし、それは悪行に居直る、余りにも見え透いたペテンではないでしょうか。
 私たちはこうした天皇出席の「海づくり大会」に反対します。
 11月16日「海づくり大会」当日に「『海づくり大会』を考える」なら集会を、「金魚のまち」大和郡山市で行います。多くの参加を呼びかけます。
 
参戦と天皇制に反対する連続行動 
   大阪市淀川区十三東3-16-12  Tel/Fax  06 (6303) 0449
 *11・16集会に賛同を。
   賛同費は個人・団体とも1000円。「11・16」集会と明記を
   郵便振込 00900-8-168991  口座名称 反戦反天皇制労働者ネットワーク


CML メーリングリストの案内