[CML 034845] Re: 米国はなぜ2発の原爆を投下したのか

檜原転石 hinokihara at mis.janis.or.jp
2014年 11月 7日 (金) 07:13:53 JST


檜原転石です。

nakataさん、こんちは。

米国を好きと答える日本人は7割といいます。
英語を習うからなのか、映画・音楽の影響なのか、
よく分かりませんが、毎日どこかで強盗殺人をしている国が好きって、
馬鹿らしくて、言葉もありません。

だから当然、 人体実験の2発の原爆の実相を知らない人がほとんどだと思います。
よって米国は原爆を2発落とすために日本の降伏を引き延ばしたという歴史を日
本人は
知らなければならないのですが、これがまたヒロヒトの処世術と関連するため
に、天皇タブーが絡み
なかなか広まらないのでしょう。

そういえばこの件のツイートへの私の返事――
【莫大な金をかけてるから人体実験をしたかった(朝鮮戦争・ベトナム戦争でも
同様)。プルトニウム原爆実験成功から20数日で落とすには、対 ソ戦略をふく
め日本が早めに降伏しないように外交努力をした。利己的ヒロヒトはその期待に
答えた。】(注:答えた→応えた)に何の応答もない ので、世間(?)はそんな
ものかもしれません。

さらに以下、天皇にすがってしまう奴隷根性の人間も一定数いて・・・

▼天皇家と安倍政権が対立!? 護憲姿勢強める天皇・皇后を首相の側近が批判!
<http://lite-ra.com/2014/11/post-605.html>
http://lite-ra.com/2014/11/post-605.html


坂本龍一、山本太郎、高橋源一郎とか天皇(ミチコ)にすがる人物名がすぐ浮かぶ。
辺見庸だって、アキヒトを褒めてしまう。

アキヒトが東電株を持っているって、国民のどれほどが知っているのか?

戦前の侵略戦争で企業の大株主の天皇が世界一の金持になったという歴史に、こ
の情報はつながるのだが・・・。

▼高岩仁『戦争案内 映画製作現場 アジアからの報告』(技術と人間、
2004年)
頁26――
二、天皇は世界一の大資本家であり、大地主だった

 天皇に関する具体的な資料は、なかなか手に入りませんので、あまり詳しいこ
とは報告できませんが、いま私たちが手にしている資料の中だけで も大事なこ
とがありますので報告します。明治天皇は日清戦争に勝って、賠償金から
2000万円を手に入れたこと。そして植民地にした台湾の最 大の産業、台湾
製糖の第2位の株主になって、20年後には100%の配当を手に入れていたこ
とは前にお伝えしました。2度目の侵略戦争の日露 戦争後植民地にした朝鮮
に、植民地支配の動脈のように施設した、京釜鉄道の上位株主は次のとおりです。
 第1位は天皇で5000株、第2位は朝鮮皇室で2000株、3位以下は、三
井、三菱などが1000株ずつと続いています。
また天皇が保有していた主な株は上の表のとおりです。天皇が大量の株を保有し
ていた企業は、ほとんど日本が行なう侵略戦争に関わっている企業 や戦争の結
果獲得した、植民地支配関連企業です。つまり天皇は、日本が侵略戦争をして、
植民地を拡大すれば着実に巨大な利益が得られる仕組み になっていました。


天皇に反対するには「人間は平等」だけでも十分でしょうけど、歴史を直視すれ
ば、それを補強するあらゆる悪事が見つかるわけで、
侵略戦争で大儲け、降伏を遅らせての原爆2発、沖縄を売り、安保にも関与など。

私は人はなぜ天皇に反対しないのか、不思議でしょうがないのですが・・・






(2014/11/06 10:06), M.nakata wrote:
> M.nakataです。
>
> 檜原様
>
> ご紹介の原点にあたることは、ほんとうにすごい勉強になりました。
> 深く、深く思考させていく論文です。 貴重な内容です。 ありがとうございました。
>
> 米国の白人優越主義は、明治からの日本人の中国・朝鮮民族蔑視と共振していますね。
> それを超えていく世界をめざしたいです。
>
> 古代からの文化・歴史・宗教をきちんと学んでいくと、
> 単独では存在しない人間の豊かな精神生活を作っていくための、それは土台だと思います。
>
> 大地と共にある、風土に根差した、生きる人間の営みとして、智恵そのものだと思います。
>
> 「人間の物差し」で、見ること・考えることの己(おのれ)自身の限界を知らされること。
> 自分で見極めることが、出来るかどうか、、、
>
> そこに手をつないでいける、共に生きるいのちの世界が広がる、はじめて現前するのだと思います。
>
> 本質的に、存在に優劣はないのだと私は思っています。一如の世界にそのままあることを知る。
>
> 言葉足らずですが、、、責任を引き受ける覚悟があるのか、、、、
> 自分自身をこれからも問い続けて生きたいと私は思います。
>
>>
> ▼米国はなぜ2発の原爆を投下したのか
> ヒロシマ・ナガサキの悲劇の教訓
>
> 藤岡惇
> http://ritsumeikeizai.koj.jp/koj_pdfs/59625.pdf
>
>
> -----Original Message----- 
> From: 檜原転石 
> Sent: Wednesday, November 5, 2014 8:32 AM 
> To: 市民のML 
> Subject: [CML 034817] 米国はなぜ2発の原爆を投下したのか 
>
> 檜原転石です。
>
> ツイートに以下のようなものがあったから反応してみた。
>
> 人間はすぐ忘れてしまうので、ある種の話題は時々は繰り返して記憶にとどめる
> べきだろう。
>
> 原爆2発および沖縄と本土の米軍基地、これらが天皇ヒロヒトに必ずつながるわ
> けで、
> 要するに“天皇制に反対”しない限り、日本では“知識人”がつとまらないことなる
> わけだ。
>
> 再びの歴史の恥さらしを繰り返していないかと私たちは自問自答すべきだろう。
>
>
> ▼米国はなぜ2発の原爆を投下したのか
> ヒロシマ・ナガサキの悲劇の教訓
>
> 藤岡惇
> http://ritsumeikeizai.koj.jp/koj_pdfs/59625.pdf
>
> ””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
>
>
>



CML メーリングリストの案内