[CML 034844] <テント日誌11月5日(日) 経産省前テントひろば1152日目、商業用原発停止415日目

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2014年 11月 7日 (金) 06:44:06 JST


(転送します)

テント日誌11月5日(水) 
経産省前テントひろば1152日 商業用原発停止415日

緊迫する鹿児島県議会の動きから

川内市議会での川内原発同意の取り付けを密室の中でやったことに続いて県議会で同様の事が目論まれている。川内原発再稼動を突破口として他の原発の再稼動をというのは政府・官僚・電力会社の描いてきたシナリオだが、その山場がやってきている。経産省前テントに対する嫌がらせ、テント裁判の緊迫化、経産省の動き等の身近なところでの動きで僕らはそれを察知している。いつどの段階で政府がゴーのサインを出すかだが、それは遠くない日と思われる。僕らのなし得ることは可能な限りの方法でそれを阻止していくことだ。
鹿児島川内では「川内の家」から「川内テント」へと闘いの場を作りながら地元の人たちの闘いと連帯し全体として発展を追求してきた。これは予想を超えた展開になっている。この日誌でもお伝えしてきたように県議会での同意取り付けの動きに対して、県庁前に監視テントが張られ、5日から始まった県議会に対しては連日抗議の行動がなされている。
東京はじめ全国からも多くに人が駆けつけこれに加わってもいる。これに呼応して東京でも今日、九電東京支社に対する抗議行動が続いて東電本店合同抗議行動が約240名参加の中でなされてきた。鹿児島に駆けつける面々も多く、週末はテントも手薄になることが予想される。是非、テントに来てもらいたい。鹿児島の状況と要請をお伝えする(M)


【超緊急:30キロ圏自治体選出の自民党県議にファックスで声を届けよう!】(杉原浩司)

いよいよ5日から、川内原発再稼働への「同意」強行を目指す鹿児島県の
臨時議会が始まりました。県庁前では、5、6、7日と朝から連日の抗議行
動が取り組まれています。満田夏花さん(FoE Japan)が臨時議会の様子
を克明に伝えてくれています。以下のホットな報告をぜひご一読ください。

【速報】鹿児島県臨時議会初日〜正副両議長の不信任案否決/自民党県議に声を!
http://311.blog.jp/archives/16194072.html

こうした状況ではあるものの、一方で自民党県議団の会派としての対応を
決める会合はもめているようです。以下の記事にあるように、

「最大会派の自民党県議団は会派としての対応を協議するため、4日に続
き、5日も会合を開きました。しかし、川内原発から30キロ圏の自治体か
ら選出された議員から慎重な声が上がったこともあり、結論は出ませんで
した。」と報じられる状況です。

→ 川内原発再稼働を判断 県議会臨時議会、開会(11月5日、MBC南日本放送)
 http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2014110500006177

会議の結論が出せず、一度ならず二度も延期される。これはかなり異例の
事態です。自民党ですら、市民の声を無視できないのです。議論は明日6日
にも行われます。また、6日には原子力安全対策等特別委員会が行われます。

★大至急、30キロ圏の自治体選出の自民党県議にあてて、ファックスで声
を届けてください。特別委員をはじめとする他の県議、知事にも。

<提案された文例>
(参考にしてご自分の言葉でていねいに。短くても構いません)

▼せめて、慎重に審議を。まだ規制委員会の保安規定・工事計画の審査は
終わっていません。3日間で決める必要はありません。
▼火山学者などの参考人の招致を。
▼九州電力は、県議会で虚偽の陳述をしています。数十年前から巨大噴火
が予知できるというが、火山学会は真っ向から否定しています。
▼避難計画については、違法性も指摘されています。再稼働できる状況で
はありません。

◆重要【30キロ圏内自治体の自民党県議】
<原子力安全対策等特別委員会>
委員長 中村眞(阿久根市・出水郡区)(FAX)0996−75−1571
委員 外薗勝蔵(薩摩川内市区)    (FAX)0996−23−2260
委員  岩崎昌弘(日置市区)  (FAX)099−273−2139
委員 吉留厚宏(いちき串木野市区)  (FAX)0996−33−2178
委員 藤yu剛(鹿児島市・郡区)    (FAX)099−833−3360
委員 大園清信(鹿児島市・郡区)   (FAX)099−275−0148
委員 井上章三(薩摩郡区)      (FAX)0996−59−2136

前原尉(日置市区)      (FAX)099−296−6221
酒匂卓郎(姶良市区)     (FAX)0995−66−0595
堀口文治(出水市区)     (FAX)0996−82−3289
桑鶴勉(鹿児島市・郡区)  (FAX)099−244−4825
永田けんたろう(鹿児島市・郡区)(FAX)099−238−8086
たけ昭一(鹿児島市・郡区) (FAX)099−258−7307
吉野正二郎(鹿児島市・郡区)(FAX)099−223−7086
柴立鉄彦(鹿児島市・郡区)  (FAX)099−254−0095
おつじ義(鹿児島市・郡区)  (FAX)099−257−7332

【その他の鹿児島県議】
<原子力安全対策等特別委員会>
副委員長 成尾信春 (FAX)099−267−4273
委員 遠嶋春日児 (FAX)0996−23−7753
委員 まえの義春 (FAX)0994−44−6849
委員 瀬戸口三郎 (FAX)099−484−1523
委員  田中良二  (FAX)0996−22−1088
委員 まつざき真琴 (FAX)099−243−5263
委員 小幡兼興 (FAX)0996−62−0210
委員 山田国治 (FAX)0995−47−2935

下鶴隆央 (FAX)099−802−1197
大久保博文 (FAX)0994−63−2131
西|b悟 (FAX)099−475−1080
ふくし山ノブスケ(FAX)099−259−0216
柚木茂樹 (FAX)0993−58−6500
桃木野幸一 (FAX)0995−62−3273
園田豊 (FAX)0993−63−1845
松田浩孝 (FAX)099−222−1507
柳誠子 (FAX)099−265−2489
禧久 伸一郎 (FAX)099−260−0409
小園しげよし (FAX)0993−27−1189
永井章義 (FAX)0997−69−4688
堀之内芳平 (FAX)0994−32−5751
|b橋稔 (FAX)0995−45−3706
持冨八郎 (FAX)099−284−0687
与 力雄    (FAX)0997−53−5567
吉永守夫 (FAX)0994−45−2695
鶴田志郎 (FAX)0994−65−5663
日高滋 (FAX)0997−47−2317
松里保廣 (FAX)0997−23−4313
青木寛 (FAX)099−268−1911
池畑憲一    (FAX)0995−22−2082
上野新作  (FAX)099−251−3509
田之上耕三 (FAX)0995−42−1498
二牟礼正博 (FAX)099−220−0482

【伊藤祐一郎 鹿児島県知事】
(FAX)099−286−2119
知事へのたより(入力フォーム)
https://www.pref.kagoshima.jp/aa02/chiji/tayori/tayori/input_form1.html
知事後援会 (FAX)099−814−3400

---------------------------------------------

【参考重要情報】
川内原発の避難計画は違法!〜鹿児島県議会議長・県知事宛に要請書提出
http://311.blog.jp/archives/16132788.html

鹿児島県庁・県議会に要請書
〜日本火山学会の提言を尊重し、警告を重く受け止め、川内原発の再稼働に同意しないこと
http://311.blog.jp/archives/16131524.html

「福島おんなカレンダー2015年版」を買ってください。

テントから のお知らせ “原発いらない福島の女たち”が作成した「福島おんなカレンダー2015年版」を第2テント にて好評発売中。 このカレンダーは子どもたちの甲状腺がんなど健康被害・除染・避難と帰還・焼却炉・核汚染物の中間貯蔵地問題等、「フクシマの今」を伝えています。カレン ダーの売上収益は「女たち」の活動、とくに、福島の現状と問題を全国に伝えるための交通費に役立てられています。一部1000円(税 込)です。連絡先 原発いらない福島のおんなたち(カレンダーチーム):070-5018-7478黒田 梨の木舎メール:nashinoki-sha at jca.apc.org  FAX:03-3291-8090



CML メーリングリストの案内