[CML 034839] ヘイト・スピーチに「表現の自由」はあるの?11.15生駒市

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2014年 11月 6日 (木) 12:43:33 JST


前田 朗です。

11月6日

ヘイト・スピーチに「表現の自由」はあるの?

〜 自治体がヘイト・スピーチに加担しないために〜

行政は、差別事象が起これば、研修や啓蒙活動をきっちりやっていた頃があった。

公衆トイレに差別落書きが発見されたら職員が駆けつけて消していた。それが今
はどうだ、殺せとまで言い放って いてもシランふりできた。

サッカーJリーグで「JAPANESE ONLY」という横断幕の事象やバナナをかざした事
象は、再発しないよ う会社が研修や啓蒙活動をやっている。

前回は丹羽弁護士。今回は自治体をテーマに前田朗さんのお話です。一緒に考え
てみましょう。

2014年10月6日の9月奈良県議会の最終日、梶川虔二県議が提出、提案し
た「ヘイト・スピーチ(憎悪表 現)に反対しその根絶のため法規制を求める意
見書」が全会一致で可決されました。これまでに、9月19日、東京国立市議会が
意見書可決、続き10月1日に名古屋市議会も可決した。

国が条約や勧告に従って法令整備をするよう、地方から声を上げ、各地方自治体
でヘイトスピーチ規制に関する意 見書可決の輪を広げていかなくては。

場所/ 生駒市たけまる小ホール

      近鉄奈良線・けいはんな線「生駒駅」下車。北西へ徒歩約3分

2 0 1 4 年1 1 月1 5 日(土)

開会1 4 :5 0 〜1 6 :5 0 (受付1 4 :3 0 )

講師;前田 朗(東京造形大学教授)

参加費:5 0 0 円

主催・連絡先 生駒から人権と平和を呼びかける会(0 9 0 -4 6 4 7 -3 0 3 2 )



CML メーリングリストの案内