[CML 034835] 明後日11/8(土)「ウクライナ危機の本質-主権国家の虚構性」@明治大学・グローバルフロント

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2014年 11月 6日 (木) 08:45:30 JST


紅林進です。
 
明後日11月8日(土)に東京・御茶ノ水の明治大学で開催されます
下記研究会のご案内を転載させていただきます。

なお講師の塩原俊彦氏は、先月10月『ウクライナ・ゲート :「ネオコン」
の情報操作と野望』(社会評論社)を出版されました。

塩原俊彦氏のレジュメ・報告要旨は下記「ちきゅう座」サイトに載っています。
http://chikyuza.net/archives/48312


(以下、転送・転載歓迎)

テーマ:「ウクライナ危機の本質-主権国家の虚構性」
 
講師:塩原俊彦(高知大学准教授)
コメンテーター:岩田昌征(千葉大学名誉教授)
司会:染谷武彦(二松学舎大学教授)
日時:11月8日(土)1:00~5:00
場所:明治大学・グローバルフロント2F 、4021号教室(御茶ノ水駅下車)
アクセスマップhttp://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
キャンパスマップhttp://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
JR「御茶ノ水」駅から徒歩4分―明治大学「アカデミーコモン」傍
共催:世界資本主義研究会&現代史研究会

講師・塩原俊彦氏新刊著書
『ウクライナ・ゲート :「ネオコン」の情報操作と野望』
社会評論社 2014年10月発売


CML メーリングリストの案内