[CML 034814] 公安警察という権力の広報紙化するこの国のメディアの頽廃 ――清水努弁護士のひとつの例としての「毎日」報道批判

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2014年 11月 4日 (火) 21:09:39 JST


「公安」事件に詳しい清水努弁護士がその公安の「情報」を垂れ流すだけのメディアの頽廃と惨状を嘆いています。以下は、
北大生「イスラーム国」渡航未遂家宅捜索事件に関しての毎日新聞の報道をひとつの例とした清水弁護士のメディア批判
です。清水弁護士は同記事の中でメディアばかりでなく、そのメディアの取材対象となった大学教授、批評家などの口舌に
ついてもその論理のあいまいさ、つたなさについても鋭い批判を投げかけています。清水弁護士の公安情報垂れ流し報道
批判は秘密保護法施行批判と強く結びついています。問題意識の強い記事です。公安の意図的、主観的な情報が無批判
にテレビ・メディアなどを通じて世に出回っているだけにそうした意図的、主観的な公安情報に対抗しうるだけの(とは言って
も、常識的なものです)知識を私たちは身につけておく必要があるでしょう。そういう意味で清水弁護士の毎日新聞報道批判
はうってつけの資料となりえるものだと思います。以下、清水弁護士の記事は3日付けと4日付けと続きます。

以下、省略。全文は下記をご参照ください。
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-1055.html


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/ 



CML メーリングリストの案内