[CML 034783] 今日の言葉2 ――これで安倍首相の首を取ることが出来なければ、この国のメディアは死んでいるも同然だ。(「天木直人のブログ」2014年11月02日)

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2014年 11月 2日 (日) 13:14:28 JST


「天木直人のブログ」(2014年11月02日)から。
http://mizukith.blog91.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
安倍首相は(略)「撃ち方やめ」の発言について(略)10月30日に、「朝日のねつ造記事だ」と(略)衆院予算委員会という最も
公的な場で言った(略)。各紙が一斉に書いたこの「撃ち方やめ」の首相発言を、朝日だけ名指しで安倍首相は批判したので
ある。これこそが捏造発言だ。それに対して朝日は10月31日の紙面で釈明した。(略)なんという腰抜けな釈明であることよ。
いまこそ朝日は安倍首相と刺し違える覚悟で激怒して抗議しなければいけない。ここで朝日が「捏造は安倍首相のほうだ」と国
民の目の前で叫ばないなら、朝日は永久に安倍首相に叩かれ続け、たとえ存続しても、安倍批判などとてもできないだろう、メ
ディアとしての存在価値を失うことになるだろう。(略)こんな安倍首相の「捏造」暴言をこのまま許していいのか。そう思っていた
ら11月1日の朝日新聞が社説で書いた。安倍首相の「捏造」発言は看過できないと。各紙の報道は首相の側近議員の記者団
への説明に基づいて書いたものだ。この側近議員が間違った説明を記者団に行ったのならそう訂正すべきだ。情報操作をして
いるのはどちらだと。(略)さすがの朝日も最後のところで反撃精神を失わなかったということだ。よくぞ社説で安倍首相に戦い
を挑んだものだ、徳俵に足をかけて踏ん張った、と感心した。そうしたらきょう11月2日の毎日新聞がその社説で朝日の援護
射撃をした。撃ち方やめ発言は首相側近が報道陣に語った言葉だ。首相がそう言っていないというなら、報道各社に修正を求
めれば済む話だと。慰安婦問題や吉田調書報道問題で揺れる朝日を「捏造」という言葉で批判すれば拍手してくれる人が多い
と考えているのだろうか、と。そのとおりだ。毎日だけではない。これがメディアの当たり前の対応なのだ。同様の記事を流した
読売などもまた、安倍首相の捏造発言を批判しなければならない。さもなくば安倍首相の捏造発言の共謀者となる。(略)この
安倍首相の朝日捏造暴言はこのまま看過するには重大過ぎる暴言である。調子に乗り過ぎた安倍首相の致命的発言となる。
(略)それほど異常な安倍首相のメディアに対する干渉であり恫喝である。これで安倍首相の首を取ることが出来なければ、こ
の国のメディアは死んでいるも同然だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/



CML メーリングリストの案内