[CML 034768] 全国各地での「ナヌムの家」上映会のお奨め

毛利正道 mouri-m at joy.ocn.ne.jp
2014年 11月 1日 (土) 11:53:53 JST


■「従軍慰安婦などなかった」という最近の論調に対し、
これではいけないのではとの思い
http://blog.goo.ne.jp/mouri-m/e/46b58bbdddd09288fbd405be2dd68618
から、すわこ文化村で上映会を実施します。
1996年当時、全国で大きな盛り上がりの中で上映された
ドキュメンタリー映画です。
映画制作配給会社パンドラ
http://www.pan-dora.co.jp/
から、108000円でDVDをレンタルすることができます。
全国各地でもいかがでしょうか。

■すわこ文化村の場合
http://www.lcv.ne.jp/~mourima/09.4.1bunkamura.html
上映作品
1997年に岡谷市内で500名超満員上映会を実施した、
「ナヌムの家」http://www.pan-dora.co.jp/movie/05001/
上映日 来年1月18日(日)一日3回上映
       10:00  13:30  17:00
ミニレクチャー付き「1996年高校での講演
沖縄からイアンフを見た=ダイジェスト」毛利 20分

場所   岡谷市 諏訪湖ハイツ コンベンションホール
参加費 1000円(30才未満高校生まで500円)

■但し、上映DVDレンタル料を含めた最低上映経費13万円を満たすだけの
入場者が来てくれるか不安があります。
そこで、企画実現保証金方式をこの上映会に適用して呼びかけたところ、
18名から142000円の保証金申出があり、上映会を実施できることになりました。
この申出に込められたお一人お一人の大きな思いに感激しています。
・お申し出者からのひと言
「大変意義深い取り組みなので、出資参加させて下さい」
「見逃してしまった映画なので、1月の上映会が実現したらぜひ見に行かせてもらいます」
「大勢の方に見ていただけると良いですね。」
「ぜひ成功させたいですね!」

■企画実現保証金方式とは
すわこ文化村が2年前から制度化し、これまでに「食の安全」で1回適用したことがある制度で、
要するに、最低経費総額(例13万円)のうち、一定金額(例=1万円)を保証金として
負担することを予め申出ていただき、期限までにその金額が13万円に達した場合に、
上映会実施を決定する。そして、実際に上映会実施後、
上映料収入が13万円(約130名入場)に達しなかった場合
(例=収入8万円であった)は、比例配分で、不足分(例=約4000円)を
保証金申出者から実際に支払ってもらう というものです。

===================================================== 
毛利正道   mouri-m at joy.ocn.ne.jp 
出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/
〒394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは
tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065
===================================================== 



CML メーリングリストの案内