[CML 031665] 2025年問題

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2014年 5月 31日 (土) 14:24:01 JST


 坂井貴司です。
 
 様々な問題を抱えながらも、日本の医療は国民皆保険制度によって、アメリカ
のように無保険だから病院に行けずに死ぬ、ということはそうありません。

 しかし、2025年になるとそれが崩壊するのではないかと指摘されています。
2025年は、団塊の世代が75歳代になります。病院通いが増え、医療機関が
パンクし、保険制度が破綻するのではないかと言われています。
 この2025年問題を解決するため、「病院から在宅へ」と医療行政が転換さ
れようとしています。
 一方、財政面の視点ばかりに重きがおかれ、患者や家族が置き去りにされるの
ではないかと不安視する声があがっています。

2025年問題に焦点を当てます。
 
 NHK総合
 NHKスペシャル
 「シリーズ日本新生 日本の医療は守れるか?〜"2025年問題"の衝撃〜」
 http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0531/index.html

 放送日:5月31日
 放送時間:午後9時00分〜10時13分
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
  


CML メーリングリストの案内