[CML 031602] Re: もっと論理的に論ずることを期待します

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2014年 5月 28日 (水) 21:30:56 JST


まっぺんさん

第1。あなたの標題投稿の「論理」の趣旨がよくわかりません。

藪田さんの「CML 031571:【美味しんぼ】福岡の子供、福島の8倍も鼻血を出す えっ 
福岡は、放射能レベルが、福島の8倍も
高い??」の記事にレスされているところをみると、藪田さんのCML 031571の論は「論理的ではない」と主張されているように
も見えますが、そうだとすれば、「論理的ではない」というご主張は誤読だといわなければならないでしょう。

藪田さんはただ放射線の専門家や医師の検証的な立場からの「鼻血と放射能の影響」の関連性を疑問視する声を一切無視
してまで、「福島で鼻血が出た」という事実だけですぐに放射能と結びつける、結びつけようとする一部の人たちの態度は、た
とえてみれば「福岡の子供、福島の8倍も鼻血を出す。えっ 福岡は、放射能レベルが、福島の8倍も高い??」などという荒唐
無稽な主張と同様の荒唐無稽の主張でしかないことをパロディ化して、そのように主張する人たちに対して反省を促している
だけのことです。藪田さんの論が非論理的ということではまったくないでしょう。

第2。あなたは「鼻血の原因として放射能を疑う場合調査方法は「地域ごとの比較」ではなく同一地域における時間的変化で
見るべきでしょう。原発事故の前にはどれだけの人が鼻血を出していたのかそれが事故後にはどうなったのか。増えたのか
どうか」と言います。そのご主張はそのとおりだと思います。しかし、あなたは続けてなんらの論証もなく「現地では原発事故前
と比較して鼻血が出やすくなったと多くの人が訴えている」と断定的に述べます。あなたの主張によれば「多くの人」は「原発事
故の前」と比較して「多くの人」でなければならないはずです。しかし、あなたは比較することはしないで「鼻血が出やすくなった
と多くの人が訴えているのですからそれで十分です」と言います。あなたのご主張には自己本位の主張をする人に特有の矛
盾があります。あなたのようなご主張、態度を「論理的」とはふつう言いません。

第3。「疑いがあるなら「確かな証拠がなくても」予防措置をとるべきです」というご主張はそのとおりです。しかし、今回の議論
の中で「確かな証拠がない限り予防措置をとる必要はない」などと主張している人は、専門家と言われる人たちの間にも、本
メーリングリストにおいても誰もいません。誰も主張していないことになぜあなたはあえて反論するのでしょう? おかしな主張
です。

ちなみになんでも福島の「鼻血」と「放射能」とを結びつけようとする荒唐無稽の論の典型をひとつと、もういまでは明白な事実
が判明したので誰も言わなくなりましたが、「美味しんぼ」の休載をこれもなにがなんでも「言論弾圧」と結びつけようとする荒唐
無稽の説も一時横行していました。その典型例もひとつご紹介しておきます。

はじめになにがなんでも福島の「鼻血」と「放射能」とを結びつけようとする荒唐無稽の論。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014-05-26 AKB事件を原発事故のせいにする大馬鹿野郎
http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/20140526

何でもかんでも放射能のせいにするいわゆる「脱原発カルト」の存在が、日本における脱原発潮流の磐石化を妨害する内なる
敵である事は再三話した通りですが、今回取り上げる「低気温のエクスタシーbyはなゆー」などはその代表格(ツイアカhttps://
twitter.com/hanayuu見たらフォロワー数32746人で、在特会・桜井誠の19087人よりも多いからそ頭の痛い話であります)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■原発事故後、タレントや声優がファンに襲撃される事件が目立つようだが (26日付「低気温のエクスタシーbyはなゆー」)
http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2014/05/blog-post_1028.html

(前略)

☆放射性物質を人体に取り込むことは、人間の脳神経に大きな影響を与えかねない。

(木下黄太氏のブログ。2011-12-23)

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/f7f8320d06950ecf2ba66e0779af01b8

(以下略)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふたつ目。「美味しんぼ」の休載を「言論弾圧」と結びつけようとする荒唐無稽の説。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「無能な味方」飯田哲也、『美味しんぼ』で騒ぐの巻(kojitakenの日記 2014-05-25) 

http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20140525/1400985047

『美味しんぼ』の一件で、想像通りおなじみの面々が騒いでいたようだ。


      https://twitter.com/MIYAKE_YOHEI/status/467592469559775232
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      三宅洋平 / Yohei Miyake ‏@MIYAKE_YOHEI
      「知らなければ黙ってればいい」…。そう云う教育を受けられたんですかね。この人は。RT @don_jardine: 三宅洋平「言論
      弾圧が山ほどあるのを知ってる人ほど『またか』と思ったのさ。美味しんぼの連載スタイルなんざ、普通知らないよ」。知ら
      なければ黙ってればいい。
      2:08 - 2014年5月17日
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

誰だって最初は知らないのだから、「知らずに書く」ことは恥でも何でもないけれど、自分にとって都合の悪い事実を知ってそれに逆
ギレするのは恥ずかしい態度だろう。

さて、三宅洋平のtwitterをきっかけにいろいろと見て回ったら、こんなのに行き当たった。

      https://twitter.com/iidatetsunari/status/467445158154223616
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      飯田哲也(いいだてつなり) ‏@iidatetsunari
      ヒステリックな言論弾圧政治家の圧力に負け「美味しんぼ」休載へ。 
週刊マンガ雑誌に「言論の自由」の矜持を求めるの
      も酷だが、言論弾圧政治家の不名誉は歴史に残る。 【朝日5/17】美味しんぼ問題で編集部、「批判受け止める」見解
  http://t.asahi.com/eqyv
      16:23 - 2014年5月16日
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(中略)

このような、軽薄極まりない人間であれば、上記のようなtwitterで恥を晒し続けるのは道理とも言えるが、こんなのが「脱原発」文
化人のリーダー面をしているのだから、「脱原発」運動が浸透しないのである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/


From: まっぺん
Sent: Wednesday, May 28, 2014 7:25 PM
To: '市民のML'
Subject: [CML 031600] もっと論理的に論ずることを期待します
まっぺんです。
議論はもう少し論理的にやりましょう。

鼻血が出る原因は「放射能だけ」なのでしょうか?
もし「放射能だけ」なら、地域差はすなわち
放射能のレベルの差ということになるでしょう。
しかし、そんな話はきいた事がありません。
地域差があるとしても、それには様々な原因が考えられます。
気候、風土、食生活・・・・。
例えば福岡は辛いモノを食べ過ぎているからかも知れない。
例えば小樽は寒い気候だからかも知れない。
ですから地域差を比較しても「放射能レベルの比較」にはなりません。

鼻血の原因として放射能を疑う場合
調査方法は「地域ごとの比較」ではなく
同一地域における時間的変化で見るべきでしょう。
原発事故の前にはどれだけの人が鼻血を出していたのか
それが事故後にはどうなったのか。増えたのかどうか。
そして現地では原発事故前と比較して鼻血が出やすくなったと
多くの人が訴えているのですからそれで十分です。

なお、私は以前にも申し上げましたが
疑いがあるなら「確かな証拠がなくても」予防措置をとるべきです。
水俣病の原因が長い間確定されずにいた間、ずっと患者たちは苦しみ続けました。
同じ過ちを繰り返さないために、今すぐ放射能に対する対処をすべきです。
何年もあとになって「放射能が原因」と判ってから対処したのでは手遅れです。
逆に何年もあとになって「原因は放射能ではない」事が判ったとしても
「それは良かったね」で済む話なのです。
環境問題については「疑わしきは罰せず」を適用してはダメなのです。
ですから「確かな証拠がないから疑うな」という態度には賛成できません。
心配事に対して「放射能という証拠がないから大丈夫」では
納得できるわけがありません。
証拠が(今はまだ)無くても「万が一に備える」ことで安心できるのです。
それが「リスクマネージメント」という事です。


-----Original Message-----
From: cml-bounces+mappen=red-mole.net at list.jca.apc.org 
[mailto:cml-bounces+mappen=red-mole.net at list.jca.apc.org] On Behalf Of 
Yabuta Tohru
Sent: Tuesday, May 27, 2014 4:21 PM
To: 市民のML
Subject: [CML 031571] 【美味しんぼ】福岡の子供、福島の8倍も鼻血を出す えっ 
福岡は、放射能レベルが、福島の8倍も高い??

藪田です。

山田真医師が、鼻血調査というのをやっている。震災直後の2011年3~10月、福岡、福島、北海道、の都市で行っている。
すると、小学1年生の子供が鼻血を出す割合は、福岡が26%、福島は3.4%、小樽が18%、岩見沢が7%となったそうだ。
福島が一番低く、福岡は、約8倍、小樽は約4倍、岩見沢は2倍。「鼻血」なんてこんなもの、なんだが。
恐るべき真実、きっときっと、放射線汚染レベルは、福島より福岡が8倍も高い。小樽でも4倍も高いのだ。
西尾正道・北海道がんセンター名誉院長は、この事実を知らないのだ。誰か教えてあげてくださいね。



CML メーリングリストの案内