[CML 031594] (2-1)【報告】第1134日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2014年 5月 28日 (水) 07:21:10 JST


青柳行信です。5月28日。
-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--

※<福岡・九州集会>反原発運動1000日の激動の歴史。
『1000日目記念誌冊子』5/26
阿部活士(東京都)さん1冊。
・・・・・
一冊 ワンコインカンパで500円です。
送料は何冊でも無料です。ま
冊子ご希望の方は、〒住所氏名電話番号、冊数を
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp まで。
<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1134目報告☆
         呼びかけ人賛同者5月27日3355名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】5月27日4名。
    木村真理子 中原浩和 三原節子 匿名者1名
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん
原発再稼動に対して、各地で、避難できないので動かすべきではないという世論が
多くなりました。
確かに日本の各地では 西風が吹くと 逃げるところがなくなります。
原発は 止めましょう。
あんくるトム工房
秘密保護法を施工させるな  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3021
86%が再稼動反対   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3020

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆ミュンヘンにサッポロ加へミルウオーキー ビールの絆を平和スクラムに
      (左門 5・28−670)
※かつてサッポロビールがキャッチコピーとして「ミュンヘン・サッポロ・ミル
ウオーキー」と
同緯度にある街をつないで大方の喝采を受けました。
我々の場合は、戦争犯罪を懺悔・告白・補償している先進国、
「原発ゼロ」を国策として努力している先進国としてのドイツと連帯して、
平和的生存権の連帯を創り出したいと思うや切なるものがあります。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝も川内をめぐる記事が多数あります。山口県、伊方、規制委人事と続けます。

1.<「九州電力」川内原発の補正書、5月中の再提出断念>毎日新聞 5月27日
(火)20時56分配信
記事全文<九州電力は27日、川内原発1、2号機(鹿児島県)の再稼働に向け
た原子炉設置変更許可申請の補正書について、5月中の再提出を断念したことを
明らかにした。原子力規制委員会から補正書の不備を指摘されたため、九電は当
初、5月末までに再提出する方針を示していた。再稼働には工事認可など別の認
可補正書の提出も必要で、再提出作業が遅れれば、今夏の再稼働が難しくなる可
能性がある。同原発は規制委が優先的に審査を進めており、九電は4月末に原子
炉設置変更の補正申請を提出。しかし、規制委は42項目の不備を指摘して再提
出を求めている。>

1’.<九電、補正書の再提出は6月に 川内原発審査で記載漏れ>共同通信
2014/05/27 19:41
http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014052701002072.html
<・・・・・・・・九電幹部は27日の審査会合終了後「再々提出はしたくない
ので丁寧に作業している」と釈明。6月のいつごろに提出するかは明らかにしな
かった。>

2.<「原発事故起きたら逃げられない」川内再稼働86%反対 鹿児島・薩摩
川内 アンケートに切実な声>しんぶん赤旗5月27日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-05-27/2014052701_01_1.html
全国で初の原発再稼働が狙われている九州電力川内(せんだい)原発の地元・鹿
児島県薩摩川内市では、再稼働に反対する「さよなら原発いのちの会」が市民ア
ンケートに取り組んでいます。26日までに260通の返事があり、その86%
が再稼働反対です。市民からは「再稼働やめて」「事故が起きたら逃げられな
い」など切実な声が寄せられています。
 「いのちの会」は、連休明けから首都圏反原発連合が作成したリーフレット
「原発再稼働でほんとうにいいの」2万部とともに、アンケートの配布を開始し
ました。
主要道路沿いに自民党の現職衆院議員のポスターや看板が目立つ地域。「いのち
の会」代表の堀切時子さん(66)は「仕事や家族のつながりなどで原発への批
判や不安を口にしにくい空気がありました。表に出せない市民の思いを国、県、
市、九州電力に示そうというのが、アンケートの狙いです」と語りま
す。・・・・・・・・・・・
アンケートには「川内原発が再稼働して事故が発生したら、とりかえしのつかな
い大変なことになり、死者も出るかもしれない。再稼働は取りやめるべきであ
る」「原発事故が起きないとは限らない。市民の安全を第一に考えてほしい」
「事故が起きれば、米作りができなくなる」など切実な声がつづられています。
堀切さんは「対話のなかでも、“声は上げられないけど、皆さんと思いは一緒”な
ど激励を受けることが多い。たたかいは今が正念場。再稼働を必ず止めるため、
頑張りぬきます」と話しています。・・・・・・・・・
日本共産党は、井上勝博市議を中心に、「いのちの会」の取り組みに協力すると
ともに、6月8日に薩摩川内市で開く「川内原発再稼働を考えるシンポジウム」
の成功へ、ビラの配布や対話、宣伝を強めています。「ストップ再稼働!3・
11鹿児島集会実行委員会」が6月13日に開く県庁包囲行動の成功にも力を入
れています。
対話のなかでは「避難計画がずさんすぎる。事故があればすぐ近くの人々が犠牲
になる。目先のお金にとらわれてはいけない」(40代女性・主婦)「商工会議
所が言うシャッター通りの拡大は、10年以上前からの問題。原発に頼るのはや
めたほうがいい」(50代男性・サービス業)との声が上がりまし
た。・・・・・・・・・・・・>

3.<川内原発「避難計画は不十分」 熊本の市民団体が申し入れ>2014年05月
27日 16時03分
記事全文<九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)で事故発生時、避難先とな
る熊本県水俣市の市民団体は27日、伊藤祐一郎鹿児島県知事宛てに、再稼働に
同意しないよう求める申し入れ書を提出した。川内原発は原子力規制委員会の審
査を優先的に受けているが「避難計画は不十分だ」と指摘した。原発から30キ
ロ圏内に一部含まれる鹿児島県出水市は、隣接する水俣市に約6600人が避難
する計画。これに対し「原発避難計画を考える水俣の会」は、市内に約30カ所
設ける避難所での食料や水が不十分であるほか、病院や福祉施設にいる要援護者
の避難方法などに不備があるとした。>

3’.<川内原発再稼動 水俣市民ら鹿県に反対要請>南日本新聞(2014 05/28
01:00)
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=57159
<・・・・・・・・・鹿児島県によると、県外の避難先の住民が再稼働反対を申
し入れるのは初めて。>

4.<除染最前線は現場任せ 規制庁は方針だけ、住民は不満>西日本電子版
2014年05月28日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/38613/1/
<九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の事故に備えた同県出水市の避難計
画で、住民の避難先となっている熊本県水俣市の職員が今月2日、出水市を訪れ
た。水俣市民有志でつくる「原発避難計画を考える水俣の会」(永野隆文代表)
が4月23日、市に投げ掛けた16項目の質問のうち、回答できなかった7項目
を出水市に確認するためだ。そのうちの1項目が「放射性物質の汚染検査(スク
リーニング)はどこでやるのか」だった。出水市は「県からの指示がなく、場所
など具体的に決まっていない」と回答した。永野代表は「避難計画の疑問点は多
岐にわたる。実効性があるとは思えない」と不安を口にする。・・・・・避難計
画を具体的に検証していくと、国の現場頼みの姿勢が浮かび上がってくる。
>

山口
5.<上関原発建設計画:埋め立ての判断先送り、協議議事録存在せず 山口県
「作成しない」>毎日新聞 2014年05月27日 西部朝刊
http://mainichi.jp/area/news/20140527ddp012040007000c.html
<◇意思決定、検証困難に 中国電力が山口県上関町に計画している上関原発の
海面埋め立て免許の延長申請を巡り、「結論を1年先送りする」とした県の判断
について、庁内で開かれた協議の議事録が存在しないことが26日、県への情報
開示請求で分かった。村岡嗣政知事は判断理由を明らかにしておらず、意思決定
の過程を今後検証できない可能性が高い。  毎日新聞が県に、庁内で開いた協
議の議事録やメモなどの公文書を開示請求したところ、26日付で「作成してい
ないため存在しない」として却下された。・・・・・・・>

愛媛県
6.<伊方原発:3号機、竜巻・火災の対策工事 新基準に対応??四電 /香
川>毎日新聞 2014年05月27日 地方版
http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20140527ddlk37040672000c.html
<四国電力(高松市)は、昨年7月の新規制基準に合わせて伊方原発3号機(愛
媛県伊方町)で進めている、竜巻や火災などに備えた安全対策工事を報道陣に公
開した。昨秋以降、電源車などの燃料となる重油備蓄タンク3基(各約9・7万
リットル)に衝撃吸収用の金属を取り付け、竜巻などによる最大風速100メー
トルでの飛来物の衝突にも耐えられるようにした。同様に海水ピット上にも、飛
来物対策の金網を設置している。また、森林火災に備え、発電所の敷地周囲の木
を伐採し、35メートル幅の防火帯を設けている。また、事故時の活動拠点とな
る緊急時対策所が入る免震重要棟の総合事務所(7階建て)も設備増強してい
る。・・・・・・昨年3月に始まったこれまでの安全対策工事費は約360億
円(2013年度末現在)。今年度?18年度までで800億円超を見込んでい
る。>

7.<伊方原発、26万人が廃炉署名 愛媛県知事に提出>西日本(2014年05月
27日 21時37分)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/90999
<松山市の市民団体が27日、愛媛県の中村時広知事に対し、同県伊方町の四国
電力伊方原発の廃炉を求める全国各地から集まった約4万4千人分の署名を提出
した。署名の提出は2012年11月から3回目で、計約26万人分になった。
「伊方原発をとめる会」の和田宰事務局次長
(61)・・・・・・・・・・・・・・・>

8.<(愛媛)伊方原発 八幡浜市の漁師ら海底土調査33年>朝日デジタル
2014年5月28日03時00分
http://digital.asahi.com/articles/ASG5T54FDG5TPFIB008.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG5T54FDG5TPFIB008
<1970年代から30年余りにわたって四国電力伊方原発(伊方町)の周辺海
域で放射能汚染がないか調べてきた八幡浜市保内町の漁師らでつくるグループ
が、「汚染抑止に一定の役割を果たした」などとして調査終了を決めた。原発に
反対する歩みは止めないという。漁師、果樹農家、元農協職員ら8人でつくる
「磯津公害問題若人研究会」。・・・・・・・・・・・ グループは25日、小
出さんも招いて市内磯崎地区の公民館で報告会を開いた。小出さんは33年間の
分析結果を総括。原発に由来するとみられる人工のコバルト60(放射性物質)
が自然界にもともとある放射性物質を下回るレベルで健康への影響がほとんどな
かったことや、コバルト60が2000年ごろを境に検出されなくなったことを
説明した。そのうえで、「電力会社が放射能の管理を強めたのだろう。地元の漁
師さんたちが長期間にわたり調査をするのは珍しく、地道な活動が電力会社に対
策を促したのではないか」と評価した。・・・・・・・・・・・>

政府が、
9.<原子力規制委、島崎氏ら交代へ 政府が国会同意案 >日経新聞2014/5/27
12:35
記事全文<政府は27日、9月に任期が切れる原子力規制委員会の島崎邦彦委員と
大島賢三委員の後任に、田中知・東京大学教授と石渡明・東北大学教授を充てる
国会同意人事案を衆参両院に提示した。任期は5年。島崎氏は地震学者で、原子
力発電所の再稼働に向けた安全審査で電力会社に対して厳しい姿勢で臨んでお
り、去就が注目されていた。>

9’.<規制委人事で2人提示、「ベストな人材」政府>読売新聞 5月27日
(火)22時53分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140527-00050151-yom-pol
<・・・・・・菅官房長官は27日の記者会見で、「独立性を持って科学的、中
立、公正な立場から職務を遂行できるベストな人材だ」と強調した。規制委委員
の任期は5年だが、全員が一度に交代して混乱が生じるのを防ぐため、2012
年9月の発足時の特例で、委員長が5年、ほかの委員は3〜2年と任期に違いが
設けられた。>

9”.<「事故反省し経験生かす」=規制委委員候補がコメント>時事通信
(2014/05/27-13:33)
記事全文<原子力規制委員会の委員候補として政府が提示した元原子力学会会長
の田中知東京大大学院教授は27日、「人と環境を守る使命を担う委員候補と
なったことに身が引き締まる思いだ。東京電力福島原発事故の反省に立ち、これ
までの経験を最大限生かして取り組んでいく」とのコメントを出した。もう1人
の前地質学会会長の石渡明東北大教授は「原子力の安全確保に対する国民の関心
が極めて高い中、重く受け止めている。地質の研究者として重要な使命に全力を
尽くしていく」とコメントした。> 

9”’.<規制委員候補に電力側から報酬 田中教授、50万円超>西日本2014年
05月27日 22時34分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/91001
<原子力規制委員会の委員候補となった東京大大学院教授の田中知氏が、東京電
力の関連団体の東電記念財団から2011年度に報酬50万円以上を受け取って
おり、政府が民主党政権時代に定めた厳格な人選基準に抵触する恐れがあること
が27日、明らかになった。・・・・・・・・・原子力規制委事務局の規制庁は
今回の人選に関し、同財団は「関連団体に当たらない」とし、民主党政権の基準
は明確に引き継がれていないとの見解も示した。>

この記事への解説、
9””.<原子力規制委は安倍政権の圧力に屈しつつある>団藤 保晴 | ネット
ジャーナリスト、元新聞記者 2014年5月27日 19時35分
http://bylines.news.yahoo.co.jp/dandoyasuharu/20140527-00035744/

被災地フクシマ、
10.<福島第1原発事故 中間貯蔵施設、「30年で県外」法明記 環境相、
地元に説明>毎日新聞 2014年05月27日 東京夕刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20140527dde001040069000c.html
<東京電力福島第1原発事故の除染で生じた汚染土などを福島県内で保管する中
間貯蔵施設について、政府は国が100%出資する特殊会社「日本環境安全事
業」(JESCO)の関連法を改正して施設運営を同社に委託し、30年以内に
県外で最終処分することを明記する方針を決めた。石原伸晃環境相が27日午
前、福島県郡山市で建設候補地の同県大熊、双葉両町長らに面会し伝えた。地権
者への補償方針案も示し、31日に始める住民説明会で理解を得たい考え
だ。・・・・・・・・・・・・・・・
一方、補償方針案は、全域が帰還困難区域に指定されている候補地内の土地につ
いて、将来、避難指示が解除されて復旧・復興し、使えるようになる土地として
地価を評価する。全く使用できない土地として評価するより高く補償できる。家
屋も、同様の建物を再建する想定で補償金額を算定する。家具や墓地、神社・仏
閣は移転費用に加え、避難指示解除まで保管する倉庫代や改葬に伴う法要費を国
が負担。特に墓地は住民の要望に応じて町の協力を得て代替地での新設も検討す
る。これらは東電による損害賠償とは別枠とする。>

11.<自殺男性、震災関連死と認めず 福島地裁、妻敗訴>佐賀新聞2014年05
月27日 13時51分
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10203/67811
<東日本大震災から約1年2カ月後の2012年5月に自殺した福島県いわき市
の男性=当時(65)=の妻(65)が「自殺は震災と原発事故でうつ病が悪化
したため」として、「震災関連死」と認めなかった市の処分の取り消しを求めた
訴訟の判決で、福島地裁(潮見直之裁判長)は27日、請求を棄却した。訴状に
よると、男性は07年ごろに定年退職し、再雇用で働いている間にうつ病を発
症、12年5月29日に自殺した。妻は震災関連死の認定と災害弔慰金支給を申
請したが、市は不認定とし、異議申し立ても棄却した。妻は、東京電力福島第1
原発事故で一時福島県郡山市に避難したことや、いわき市に戻った後も断水など
生活環境が変わった影響で、落ち着いていた症状が悪化したのが自殺の原因だ
と主張していた。・・・・・・・・・災害弔慰金の制度を所管する内閣府の担当
者は「全てを把握していないが、これまでに不認定を取り消すような事例は聞い
たことがない」と説明している。>

12.<「汚染土を他人の庭に埋めた」 作業員が告発>朝日デジタル2014年5
月27日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASG5V5V9FG5VUGTB00Q.html
<福島環境再生事務所は26日、田村市都路町の除染で出た汚染土が町内の道路
脇に埋められていた、と発表した。除染にかかわった作業員から「不在だった家
の庭先に穴を掘って埋めた」と通報があったという。市は除染業者の処分を検討
している。埋められていたのは、小型の土のう袋44袋分(計約520キロ)の
汚染土。避難指示区域外の民家から約50メートル離れた地中から、同市職員が
22日に回収したという。同事務所によると、昨年9〜10月に都路地区で除染
をしていたという男性作業員から今月16日、環境省の「不適正除染110番」
に通報があった。・・・・・・・・・・・・・>

13.<本県避難者13万人切る 県外は4万5854人、住民帰還進む>福島民友
(05/27 10:30)
http://www.minyu-net.com/news/news/0527/news10.html
<・・・・・・・・・県の集計によると、本県の避難者は2012(平成24)
年6月に16万4218人とピークを迎え、その後はほぼ減少し続けている。
ピーク時と比べると県外避難者のうち約1万7000人、県内避難者の約1万
8000人が減少した計算だ。県外の避難者が減った理由として県は、震災から
3年以上が経過して避難者の県外流出が落ち着きつつあり、除染の進展などで県
内に生活拠点を戻す人も出ていると推測。県内避難者については避難区域再編や
除染の進行のほか、津波被害で仮設住宅から新居への入居者増加など生活再建の
進展を挙げる。一方、先の見えない状況が続き、住民票の届け出先を避難先に移
すケースも増えている。県内外への避難者を対象に県が実施した意向調査では、
避難世帯のほぼ半数の家族が2カ所以上の場所に分散している状況もあり、県は
「避難の長期化で経済的、精神的負担も増えている」と分析している。>

14.<川内で0.71〜3.28ミリシーベルト 長崎大チームが線量推計>福島民友
(05/27 10:30)
http://www.minyu-net.com/news/news/0527/news9.html
<長崎大などの研究チームは26日、東京電力福島第1原発事故に伴い避難区域
に指定された川内村の原発から半径20キロ圏内の地域で住民が生活を再開した
場合の年間被ばく線量の推計結果を発表した。特例宿泊などに参加した住民の協
力を得て個人線量計で測定した実測値に基づく推計で、年間線量は
0.71〜3.28ミリシーベルトとなった。・・・・・・測定は2013(平
成25)年8月〜14年1月の間、特例宿泊や一時帰宅した住民19人を対象に
実施。身に着けた個人線量計の実際の数値から、年間被ばく線量を推計し
た。・・・・・・・・・・・>

15.<見守りに人的支援拡充を 県全体の審査会設置必要 本社座談会>福島
民報2014/05/27 11:49
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/05/post_10052.html
・・・・・・・・・シリーズ1〜6の記事が公開されています。時間があれば検
索を。

16.<米規制委元職員が来県 スリーマイル事故で廃炉指揮>福島民報
2014/05/27 08:53
http://www.minpo.jp/news/detail/2014052715921
<米国スリーマイル島原発事故の現地対策ディレクターとして廃炉作業を指揮し
たレイク・バレット氏は26日、会津若松市の会津大や楢葉町のJヴィレッジを
訪れ、本県の現状について理解を深めた。28日まで本県を視察する。
・・・・・・・・・・・・・・>

17.<27日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定
値・県内震災関連死者・行方不明者>福島民報5月28日朝刊紙面
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・・「放射性物質の検査結果(山菜・きのこ・野菜・果実」が紙面にあり
ます。
・・・・・「震災死者 浪江町9人認定 関連死1708人に」なったとあります。

栃木県、
18.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)>下野新聞5月
27日
17:35
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140527/1607050
<▼空間放射線量率(27日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地
上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)
・・・・・・・>

宮城県、
19.<指定廃棄物最終処分場問題 「候補地は不適格地」 3市町村 5者協
議で主張>大崎タイムス5月28日付
記事全文<東京電力福島第一原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場建設を
めぐり、環境省と県、候補地に選定された栗原市、加美町、大和町による5者協
議の初会合が26日、県庁で開かれた。環境省が詳細調査の受け入れを求めたのに
対し、3市町はいずれも候補地は不適格と主張。環境省は市町側が示した疑問点
について、10日後をめどに開く2回目の会議で回答するとした。>

福島第一の現場、
20.<正門周辺の大気中の環境放射線量 毎日新聞 2014年05月28日03時14分
 東京朝刊
<27日正午現在 1.5マイクロシーベルト毎時   数値は東京電力のホーム
ページから抜粋  前日は1.6マイクロシーベルト毎時>

21.<福島第一原発「地下水バイパス」、2回目の放水>読売新聞 5月27日
(火)20時45分配信
記事全文<東京電力は27日、福島第一原発で汚染される前の地下水を海に流す
「地下水バイパス」を使った2回目の放水を実施し、約640トンを海に放出し
たと発表した。放出は午前10時から始まり、午後0時40分頃終了した。配管
の漏水などの異常はなく、1回目の放出(約560トン)時と同様に付近の海水
に影響がないか調べる。今後は週1回程度のペースで放出して、問題がなければ
頻度を増やす方針。>

22.<井戸1カ所で再び基準超=くみ上げ停止、海放出後初―福島第1>時事通
信 5月27日(火)23時38分配信
記事全文<東京電力は27日、福島第1原発で汚染前の地下水を海に放出する地下
水バイパスのくみ上げ用井戸のうち1カ所で、放射性物質のトリチウムが放出の
基準値を超えたと発表した。21日の放出開始後、井戸で基準を超えたのは初め
て。東電は27日夜、この井戸のくみ上げを停止した。同じ井戸では4月に1度、ト
リチウムが基準値を超えていた。東電は週1回の分析を2回に増やし、監視を強化
する。トリチウムの基準値は1リットル当たり1500ベクレル未満。26日に採取し
た井戸の水は同1700ベクレルだった。>
・・・・・・この付近はもう汚染されてしまっているようです。 

23.<1号機の汚染水、漏えい箇所特定…2カ所目>毎日新聞 5月27日(火)21
時6分配信
記事全文<東京電力は27日、福島第1原発1号機の格納容器下部にある圧力抑
制室の外側の配管に、汚染水の漏えい箇所を確認したと発表した。1号機で漏え
い箇所を特定したのは、昨年11月に続き2カ所目。漏えいがあったのは、格納
容器の圧力を調節するために設けられた配管。管が伸縮する部分の保護カバー
(外径約80センチ)のボルト穴から水漏れしている様子がカメラで確認され
た。東電は28日も1号機建屋内の調査を実施する。>

福島第2原発、
24.<原子炉内部のぞいた 取材班、第二原発1号機へ>朝日デジタル2014年
5月28日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASG5Q6R6FG5QUGTB019.html
<東京電力福島第二原発は今月末、冷温停止を保つための設備復旧から1年を迎
える。万一の事故発生に備え、被害リスクを減らすための作業が今も続く。27
日、朝日新聞の取材班が現場に入った。午後0時半ごろ、富岡町と楢葉町にまた
がる第二原発に到着した。・・・・・・・・・・・・・・・・
福島第二原発は動かせない状態にある。復旧したのは、冷温停止を維持する設備
だ。運転に必要なタービンなどは手つかずのままになっている。それでも燃料を
冷やし続ける必要があり、燃料は炉内から出しても、厳格な管理が求められる。
津波や地震による電源喪失などのトラブルに備え、二重三重の対策も取り続けな
ければならない。現場の士気を保つことも重要だ。東電は、第二原発の再稼働の
可能性を否定しない。しかし、東電側が何重の安全策をいかに強調してみても、
3・11を経験した福島の人々が総意として再稼働を許すことはあり得ないだろ
う。現実的な路線は廃炉以外にあり得ない。東電はむしろ、この安全対策や現場
の士気を廃炉に向けた一歩とするべきだ。他の原発の廃炉作業のモデルとな
るくらいの気概を見せて欲しい。>

電力会社、
25.<中部電、浜岡原発に緊急時即応班>時事通信 5月27日(火)20時9分配信
記事全文<中部電力 <9502> の水野明久社長は27日の記者会見で、浜岡原発(静
岡県御前崎市)に、地震など災害発生時の初動対応に特化した「緊急時即応班」
を設置すると発表した。訓練を積んだ従業員を24時間、365日待機させること
で、初動対応を迅速化する。再稼働に向け安全審査を申請済みの4号機の安全性
向上対策と並行して、設置準備を進める。>

26.<大飯原発運転差し止め判決 「地元理解で再稼動」と関電社長>京都新
聞 5月27日(火)22時39分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140527-00000023-kyt-l26
<関西電力の八木誠社長は27日の記者会見で、大飯原発3、4号機(福井県お
おい町)の運転差し止めを命じた判決について、地元住民から再稼働への理解を
得る上で「少なからず影響がある」と述べ、これまで以上に原発の必要性を説明
する姿勢を示した。・・・・・・・八木社長は再稼働に同意が必要な地元自治体
の範囲は「福井県と(おおい町など)立地町」とし、判決により拡大することは
ないとした。京都府や滋賀県などの隣接自治体に関しては「必要に応じて説明す
る」と述べるにとどめた。また、6月の株主総会に向け、京都市や大阪市が提出
した「脱原発依存」を求める株主提案には、「安全性が確認された原子力プラン
トを活用する考えは変わらない」と反対する意向を示した。>

27.<関電、大飯3号機へ新燃料搬入 差し止め判決後初>西日本2014年05月
27日 12時48分)
記事全文<関西電力は27日、福井県おおい町の大飯原発3号機(118万キロ
ワット、定期検査中)の新燃料20体を受け入れ、敷地内の貯蔵庫への搬入作業
を開始した。新燃料搬入は、大飯原発3、4号機の運転差し止めを命じた21日
の福井地裁判決後、初めて。関電は「今回の燃料輸送は製造が完了したことによ
るもので、判決や再稼働とは無関係」としている。搬入されたのは関電が
2011年6月、三菱原子燃料に製造を発注した20体で、陸上輸送で茨城県東
海村から大飯原発敷地内に運ばれた。判決前の21日午前にも、3号機用の新燃
料28体が搬入されている。>

原発周辺自治体、
28.<舞鶴市長、大飯も再稼働同意権要求 「市民9割超、UPZに」>京都
新聞 5月27日(火)22時59分配信
記事全文<京都府舞鶴市の多々見良三市長は27日の定例会見で「大飯原発の
UPZ(緊急防護措置区域、半径32・5キロ)に93、94%の市民がいる。
高浜原発とともに立地自治体並みの安全協定を結んでほしい」と述べ、両原発に
ついて、関西電力に再稼働の「地元同意権」を求める方針を明らかにした。府
は、PAZ(予防防護措置区域、半径5キロ)に舞鶴市の一部が入る高浜原発に
ついては、市と同様に立地自治体に準じた安全協定を関電に求めているが、大飯
原発については求めていない。多々見市長は「府は高浜は別格との意識だが、
UPZに90%以上の住民がいれば(大飯原発も)立地自治体だ」と強調。専門
家が事前調査し、市の意向が反映できる安全協定を求めるという。>

29.<(茨城)東海第2原発:安全協定見直し 30日、第1回会合 原電と
周辺11市町村、議論本格化へ>毎日新聞 2014年05月27日 地方版
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20140527ddlk08040269000c.html
<東海第2原発の再稼働を巡り、日本原子力発電は30日、原子力安全協定の見
直しに向け、周辺11市町村との第1回会合を東海村白方の東海テラパークで開
催する。・・・・・・非公開だが、ホームページで説明資料を公開することも検
討している。安全協定の見直しを巡り、日本原電は12日、協定の枠組み拡大を
求める11市町村に対し、「5月中に見直しに向けた検討を始める」と回答して
いた。>

30.<(島根県)「忘災」の原発列島 再稼働は許されるのか 安全協定、か
やの外 周辺自治体「差別だ」毎日新聞 2014年05月27日 東京夕刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20140527dde012040003000c.html
<中国電力島根原発(松江市鹿島町)では今、「原子力安全協定」をめぐり立地
自治体の松江市と周辺自治体の関係にきしみが生じている。対立はなぜ、誰のせ
いで起きたのか.
取材申し込みに、多忙な市長たちから続々と「OK」が出た。こんなことはめっ
たにない。よほど怒っているのだろう。・・・・・・。「自治体の存亡が関わる
問題なのに、安全協定を結んでいないので中国電力に直接意見を言えない。そん
なことが民主主義の世に許されるのですか」・・・・・・>
・・・・・首長たちの声が伝えられています。

31.<島根原発3号機訴訟:「負担将来に残せない」 第3回弁論、原告が意
見陳述>毎日新聞 2014年05月27日 地方版
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20140527ddlk32040531000c.html
<中国電力島根原発3号機(松江市)を巡り、島根、鳥取両県などの住民ら
428人が中国電力と国を相手取り、運転差し止めなどを求めた訴訟の第3回口
頭弁論が26日、松江地裁(杉山順一裁判長)であった。原告側は意見陳述で
「負担を将来世代に押しつけることは許せない」と改めて主張した。原告で作る
「島根原発3号機訴訟の会」の井口隆史代表が陳述に立ち、現実的な避難計画の
作成が困難▽中国電の活断層調査の信頼性など6項目を問題点として指
摘。・・・・・・・・・・・・・中国電の代理人は終了後の記者会見で「(福井
地裁判決の)あの論理が他の裁判所でも通用するとは思っていない」と述べた。
第4回口頭弁論は10月20日。>

32.<島根原発:「特別点検」検討作業に 40年経過し運転延長で 中国
電、県に報告 /鳥取>毎日新聞 2014年05月27日 地方版
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20140527ddlk31040578000c.html
<中国電力の芦谷茂鳥取支社長が26日、県庁を訪れ、運転開始から40年が経
過した島根原発1号機(松江市)の運転延長に必要な手続き「特別点検」の検討
作業に入っていることを明らかにした。運転期間が40年を超える原発の運転延
長には、原子力規制委で新規制基準の適合性以外に、2015年7月までに申請
しなければならない特別点検の結果も審査される。芦谷支社長は特別点検につい
て「点検箇所や、期間や費用がどれくらいかかるか検討している段階」と説明。
「実施してみないと(圧力容器など)設備の健全性が分からないし、他に(規制
委の)新規制基準への対応もあり、総合的に考える」と話し、すぐに運転延長を
目指すことにはならないと強調した。・・・・・・・・・・・・・・・>

33.<(新潟)泉田知事、アクトン氏対談>朝日デジタル2014年5月28日03時00分
http://digital.asahi.com/articles/ASG5Q1PZVG5QUOHB001.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG5Q1PZVG5QUOHB001
<核軍縮や原発問題に詳しい米カーネギー国際平和財団のジェームズ・アクトン
上席研究員が研究の一環として21日、県庁で泉田裕彦知事と対談した。日本の
原子力政策の行方に関する米国内の関心の高まりを背景に、東京電力柏崎刈羽原
子力発電所の再稼働などについて知事の考えを聞いた。・・・・・・・・・・・・>
・・・・・・・時間があれば検索してどうぞ。

海外、
34.<韓国とUAE 原発の共同輸出を推進>聯合ニュース 5月27日(火)19時52
分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140527-00000041-yonh-kr
<【世宗聯合ニュース】アラブ首長国連邦(UAE)で原発1号機を建設中の韓国が
同国と提携し、サウジアラビアなど中東やアフリカの原発市場に共同進出する計
画を進めている。・・・・・>

35.<米無人機「グローバルホーク」を撮影、日本配備へ課題も>TBS系
(JNN) 5月27日(火)19時41分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140527-00000052-jnn-int
<中国と周辺国との間の緊張がかなり高まっているわけですが、こうした中、私
たちは日本とアメリカとのある重要な動きに注目しました。無人で飛ぶ偵察機
「グローバルホーク」。翼の幅は40メートルという巨大な機体は、人を乗せず
に1万8000メートルの上空を飛び赤外線や光学カメラで地上の人の動きを識
別できるます。このグローバルホークは今、青森県のアメリカ軍基地に配備され
始めています。・・・・・・・・・「(東日本大震災の)翌日には飛んできて、
福島第一原発の上空も全部撮っている。無人で放射線に対しても一定の防護措置
を講じた機体なので、ある程度低くても大丈夫」(軍事アナリストの静岡県立大
学特任教授・小川和久氏)  日本政府に渡された3000枚に上る写真・映
像は、さらに解析度が高いものでした。当時の菅政権は刻々と米軍から送られる
情報の精度に驚愕し、写真の非公開扱いを決めたのです。  「最初の救援とか
復旧の計画を作るには、重要な写真ばかり」(小川和久
氏)・・・・・・・・・・・・・・>

参考記事、
36.<大飯原発差し止め判決、日本原子力学会が批判>読売新聞 5月27日
(火)23時17分配信
記事全文<日本原子力学会は27日、関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福
井県)の運転再開差し止めを命じた福井地裁判決について、「ゼロリスクを求め
る考え方は科学技術に対する裁判所の判断として不適切だ」などと批判するコメ
ントを発表した。同学会は「いかなる科学・技術もリスクを十分に低減させ、恩
恵とのバランスでリスクを受容している」などと指摘した。同学会は原子力の専
門家ら約7500人で組織し、原子力規制委員会の田中俊一委員長も過去に会長
を務めた。>
・・・・・・この人たちが早速の動き―恥ずかしい限りです。

37.<福井・大飯原発:運転差し止め訴訟 「判決内容学びステップ」 判決
受け、大阪で原告ら招き集会 /大阪>毎日新聞 2014年05月27日 地方版
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20140527ddlk27040373000c.html
<関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止めを命じた今月
21日の福井地裁判決を受け、関西の支援者が26日、大阪市に原告の住民や弁
護団を招いて緊急集会を開いた。集会は、大阪地裁に3、4号機の運転差し止め
を求める仮処分を申請した住民などでつくる「おおい原発止めよう裁判の会」の
主催。・・・・・・・>

38.<福井・大飯原発:運転差し止め「極端」 地裁判決に知事 /兵庫>毎
日新聞 2014年05月27日 〔神戸版〕
記事全文<井戸敏三知事は26日の定例記者会見で、関西電力大飯原発3、4号
機(福井県)の運転差し止めを命じた福井地裁判決について「少し極端な視点で
の判決ではないか」と疑問を呈した。井戸知事は「専門家の意見も裁判の過程で
聞くべきだった。(審議と判決内容は)不十分なところがあると思う」と主張。
一方、「安全性が確保されない限り再稼働は認めるな、というのが基本的な立場
だ」と強調した。>

39.<(吉田調書)福島第一3号機への海水注入止めた「官邸の誰か」 吉田
氏「記憶が欠落」>2014年5月27日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11157331.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11157331
<2011年3月13日、東京電力福島第一原発の吉田昌郎(まさお)所長は首
相官邸から電話を受け、原子炉を傷める3号機への海水注入を断念して淡水に変
更した。電話の相手は誰だったのか。東電が12年に開示した社内テレビ会議録
で判明しなかった事実について、吉田氏は政府事故調査・検証委員会の聴取でも
「記憶が欠落している」と答え、その人物の名を口にしていなかった。
海水注入を巡っては、吉田氏が12日夜、官邸にいた東電の武黒一郎フェローか
らの中止要請を無視して1号機で継続したことが知られているが、実は13日未
明にも3号機を舞台に「海水か淡水か」を巡る論争が繰り広げられていた。
吉田調書などによると、3号機は原子炉の水位が下がり、核燃料がむき出しにな
る危機を迎えていた。午前5時42分に淡水の入ったタンクがすべて空だという
報告があり、吉田氏は海水注入を決断した。
「緊急です、緊急です、緊急割り込み!」
午前6時43分、官邸に詰めていた東電社員から電話が入った。吉田氏がこの
時、原子炉を傷める海水注入は極力避け、真水や濾過(ろか)水を使用するよう
要請されたことはテレビ会議録で判明している。
吉田氏は12日夜と異なり、この13日朝はあっさりと要請を受け入れた。吉田
氏はのちの聴取で、電話の主が「官邸の誰か」に代わったことを明かしたうえで
こう語っている。
「私は海水もやむを得ずというのが腹にずっとありますから、最初から海水だろ
うと、当初言っていたと思います。その後に官邸から電話があって、何とかしろ
という話があったんで、頑張れるだけ水を手配しながらやりましょうと」
ところが、質問が電話の相手に及ぶと、吉田氏の歯切れは悪くなった。
「ここは申し訳ないけれども、私の記憶はまったく欠落していたので(中略)、
本当に誰と電話したかも完全に欠落しているんです。ですから、そこは可能性だ
けの話しかない」
吉田氏は電話の相手の可能性として、当時官邸にいた東電と原子力安全・保安院
の幹部の名を挙げたが、断定はしなかった。真相は今もはっきりしない。
テレビ会議録によると、吉田氏が淡水を注入することを決めた後の午前9時13
分、福島オフサイトセンターに詰めていた東電の武藤栄副社長も「もう海水を考
えないといけないんじゃないの。これ官邸とご相談ですか」と淡水注入に疑問を
呈した。吉田氏はそれでも淡水注入を続けた。
吉田氏は使える淡水をかき集めようとしたが、うまくいかなかった。そして午後
0時18分。吉田氏はついに「あの、もう、水がさ、なくなったからさ」と海水
注入への切り替えを指示した。吉田氏は10分程度で切り替えが終わると思って
いたが、実際に海水注入が始まったのは午後1時11分。この間、1時間近く3
号機には水が入らず、原子炉はますます過熱した。深刻な事態を招く発端となっ
た「官邸からの電話の相手」は今も謎のままだ。・・・・・・>
・・・・・・・・この記事、昨日の3面にありました。この機になっても、原子
炉のほうが大事だったのが東電の人たち、被害を拡大させたようです。
<つづく>

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内