[CML 031561] 西尾正道氏(北海道がんセンター名誉院長)の「鼻血というものは、ストレスでは出ない」というデマと言ってよい愚論を批判する

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2014年 5月 26日 (月) 21:31:08 JST


メディアの報じるところによれば、一昨々日の23日、東京・永田町の参院議員会館で「美味しんぼ」鼻血描写問題に関して、
「鼻血ありえる。ストレスでは出ない」「風評被害にもあたらない」とする専門家たちの反論記者会見が開かれたということです。

■美味しんぼ「鼻血ありえる。ストレスでは出ない」風評被害にもあたらないと専門家(The Huffington Post 2014年05月24日)
http://www.huffingtonpost.jp/2014/05/24/oishinbo_n_5383935.html?utm_hp_ref=japan

報道では主に西尾正道・北海道がんセンター名誉院長の発言が紹介されています。西尾氏は「『美味しんぼ』批判は放射能
による被害はないことにしたい『王様の飼い犬』たち*のヒステリックなバッシングにすぎない」と主張する一部の「反原発」派
のエースとして期待されて登場したのでしょうが、しかし、素人目で見ても、この西尾氏の発言は主観と間違いだらけの誤り
に満ちています。以下、反論しておきます。

      *会津放射能情報センター、子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク、子どもたちの健康と未来を守るプロジ
      ェクト、郡山/ふくしま集団疎開裁判の会4団体の「『美味しんぼ』言論抑圧への抗議アクション」の呼びかけ文には
      「『王様の飼い犬』たちが『鼻血、聞いたことない』などとヒステリックに報道しています」などという記載があります。
      鼻血と放射能の影響をなにがなんでも関係づけようとする主張に批判的な人たちが「鼻血、聞いたことない」などと
      言っているというのはそれ自体が事実誤認の誤まった主張ですが、自分たちの主張に批判的な人をすべて「王様
      の飼い犬」などと悪罵する態度はまったく誤っています。

まず、西尾氏の「鼻血というものは、ストレスでは出ない」「ストレスで鼻血が出たという報告は全くありません」という主張につ
いて批判しておきます。西尾氏は上記で「ストレスで鼻血が出たという報告は全くありません」と述べていますが、この「報告」
がどういう種の「報告」であるのかわかりませんので(たとえば北海道がんセンター内での「報告」ということであれば、「報告
は全くありません」ということはありえるでしょう。がんセンターでいちいち鼻血の原因について「報告」があるとも思えません)
断定はできませんが、少なくとも下記の医師たちの「報告」を西尾氏はまったく無視しています。一部は西尾氏も読んでいる
はずのものですから医師として(人としても)誠実な態度とはいえないでしょう。端的に言って、西尾氏の「ストレスで鼻血が出
たという報告は全くありません」という主張はウソといわなければならないでしょう。 


      ・放射線防護学を専門とする立命館大の安斎育郎名誉教授は鼻血とストレスの関係について「放射線影響学的に
      は一度に1シーベルト以上を浴びなければ健康被害はないとされるが、心理的ストレスが免疫機能に影響を与え
      て鼻血や倦怠感につながることはある」と述べています。(毎日新聞 2014年04月29日)
      http://mainichi.jp/select/news/20140429k0000e040156000c.html

      ・やはり放射線防護学を専門とする日本大学歯学部の野口邦和准教授は鼻血を含むDNA損傷とストレスの関係
      について「放射線による水分子のラジカル生成とラジカルがDNAなどに損傷を与える放射線の間接作用が描写さ
      れているページがあります。ラジカルを生成する環境因子としては放射線だけでなく大気汚染物質、薬剤、紫外線、
      たばこ、酒、ストレスなどが知られており、こうした環境因子に接することでラジカルを体内に取り込む、あるいはラ
      ジカルが体内で発生することもあります」と述べています。(「『美味しんぼ』福島の真実編に寄せられたご批判とご
      意見、編集部の見解」(ビッグコミックスピリッツ25号、5月19日発売号)。 

      http://spi-net.jp/spi20140519/index.html

      ・元自衛隊医官で危機管理専門血液内科医師の中村幸嗣氏も鼻血とストレスの関係について「ストレス、不眠、加
      齢、花粉症、アレルギー、乾燥、行動パターン、薬など様々な要因で鼻血は出ます。これらは放射線とは基本関係
      はありません」と述べています。
      http://blog.livedoor.jp/dannapapa/archives/4065441.html

      ・五本木クリニック美容皮膚科院長の桑満おさむ医師も鼻血とストレスの関係について「ストレスによって鼻血がで
      ることもありますので、福島在住の方が強度のストレスによって「鼻血」という現象が増えているのなら対策が必要
      であることは間違いありません」と述べています。
      http://www.gohongi-beauty.jp/blog/?p=10508

西尾氏は自分の主張だけが正しいとして、これらの医師の証言を否定するのでしょうか?

その他、これは専門医の証言とはいえませんが、以下のような医学関連記事もあります。ストレスでも鼻血は出るという状況
証拠にはなるでしょう。

      ・「鼻血はストレスや寝不足による自律神経失調症が原因で出やすくなる事があります。ストレスがかかったときに、
      副腎からアドレナリンという抗ストレスホルモンがビタミンCを消費して分泌されてストレスに対抗しますが。よってス
      トレスが強いと、ビタミンCは大量に消費されビタミンC不足に陥ります。ビタミンCは皮膚や粘膜の強化に欠かせな
      い栄養素で、細胞と細胞を結ぶ接着剤的な働きがあり、病原菌やウィルスの侵入を防ぐコラーゲンの合成を助け
      るのでビタミンCが不足すると末梢毛細血管が破裂しやすくなり、鼻血が出やすく、血が止まりにくくなります。 」
      http://www.wood-records.com/04/05.html

      ・「毎日忙しくて眠れない方へ。寝不足で鼻血が出るわけと対処方法」
      http://igot-it.com/nebusoku-hanadi-4030.html

      などなど。

第2。西尾氏は上記の記事の中で「高線量被曝による急性障害に論理をすり替え、鼻血(との因果関係)を否定する『専門
家』がいる」などと自らの論とは反対の立場に立つ専門家を批判しているのですが、西尾氏の言う専門家が安斎育郎氏や
野口邦和氏のことを指しているのだとすれば、安斎氏も野口氏も鼻血と放射能との因果関係について「高線量被曝による
急性障害に論理をすり替え」ているわけではありません。たとえば安斎氏は「放射線影響学的には一度に1シーベルト以上
を浴びなければ健康被害はないとされる」(毎日新聞 2014年04月29日)と放射能の人体への影響についての一般的な現
段階での医学的な知見を述べているだけにすぎません。また、低線量の放射線と鼻血や倦怠感との因果関係については
「原発事故前の鼻血や倦怠感に関する統計データと今を比べなければ、増えているのかどうかはなんとも言えません」が、
具体的な、そういう比較データは承知していない」のでわからないと述べているだけです(「『美味しんぼ』福島の真実編に
寄せられたご批判とご意見、編集部の見解」)。

さらに野口氏は「被曝が原因で鼻血が起こ」ったといのであれば、「他の部位の出血やその他の症状がないということは考
えられません」とも述べています(同上)。すなわち、野口氏は、「他の部位の出血やその他の症状がない」以上、「被曝が
原因で鼻血が起こ」ったとは医学的には考えられない、と言っているのです。いずれにしても「高線量被曝による急性障害
に論理をすり替え」ているわけではありません。西尾氏の主張は言いがかりのたぐいだと言わなければならないでしょう。

第3。さらに西尾氏は上記の記者会見では「放射性物質が付着した微粒子が鼻腔内に入って低線量でも鼻血が出る現象
はあり、医学的根拠がある」とも断定していますが、同じ問題について先日(5月14日)発表した「鼻血論争について」という
論攷では以下のように述べていました。

      「この鼻血については、次のように考えられます。(略)事故後の状態では、放射性浮遊塵による急性影響が真っ
      先に出ます。放射性浮遊塵を呼吸で取り込み、鼻腔、咽頭、気管、そして口腔粘膜も含めて広範囲に被ばくする
      ことになりますから、最も静脈が集まっている脆弱な鼻中隔の前下端部のキーゼルバッハという部位から、影響
      を受けやすい子どもが出血することがあっても不思議ではありません。」 

      http://d.hatena.ne.jp/shuuei/20140515/1400097365

すなわち、西尾氏は左記の論攷では鼻血と放射線との因果関係について「影響を受けやすい子どもが出血することがあっ
ても不思議ではありません」と鼻血と放射線との因果関係についてはあくまでも可能性の問題として言及していただけです
が(だから私もその可能性はありえると思い、鼻血と放射線との因果関係について「合理的な解釈のひとつだと思います」
と弊ブログにおいても肯定的に紹介していたのでもありますが)、今回の記者会見ではその「可能性」の問題としての指摘
が「断定」に変貌しています。たった10日足らずの間にです。西尾氏の研究者としての誠実さを疑わねばなりません。

さらに西尾氏は先日の記者会見では、「鼻血は放射線のせいではないという結論を専門家が出した。とんでもない。がん
の専門家もいないし、本当の意味での放射線の専門家もいない。放射線を治療している人も誰もいない」などとも述べて
います。すでに上記に見たとおり、「鼻血は放射線のせいではないという結論を専門家が出した」という断定自体が誤った
事実認定と主張だといわなければなりませんが、自身が専門とする「がんの専門家」以外は「本当の意味での放射線の
専門家もいない」などと言うのは思い上がりも甚だしい主張と言わなければならないでしょう。「放射線防護学」もという学
問もいうまでもなく放射線を専門とする学問です。それを「本当の意味での放射線の専門家もいない」などと「放射線防護
学」の研究者を貶めるような発言をして恥じないのです。この西尾氏という人、人間としてもおおいに問題あり、とも言って
おかなければならないでしょう。

以下、ハフィントンポスト(2014年05月24日)の「美味しんぼ『鼻血ありえる。ストレスでは出ない』風評被害にもあたらない
と専門家」という記事の転載。

■美味しんぼ「鼻血ありえる。ストレスでは出ない」風評被害にもあたらないと専門家(The Huffington Post 2014年05月24日)
http://www.huffingtonpost.jp/2014/05/24/oishinbo_n_5383935.html?utm_hp_ref=japan

「美味しんぼ」で福島第一原発事故後の鼻血などが描かれたことをめぐり、専門家や健康被害を訴える当事者らが5月
23日、参院議員会館で記者会見を開いた。会見で出席者らは、言論の自由のあり方や、鼻血と被ばくの因果関係など
のテーマで意見を述べた。朝日新聞デジタルが報じた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
住民の自主的な甲状腺検査に協力してきた北海道がんセンターの西尾正道名誉院長は「高線量被曝(ひばく)による
急性障害に論理をすり替え、鼻血(との因果関係)を否定する『専門家』がいる」と批判。「放射性物質が付着した微粒
子が鼻腔(びくう)内に入って低線量でも鼻血が出る現象はあり、医学的根拠がある」と指摘した。

記者会見に電話で参加した福島県内の母親は「漫画全体を読み、福島への愛情を感じた。子どもに鼻血が出ても、話
を聞く前から因果関係を否定するような人たちに私たちは本当のことは言わない。国の責任で鼻血を含めた健康調査
をしてほしい」と訴えた。
(朝日新聞デジタル『美味しんぼ「鼻血、医学的根拠ある」 専門家ら反論会見』より 
 2014/05/24 00時14分)
http://www.asahi.com/articles/ASG5R517DG5RUGTB00R.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

西尾氏は会見で、2011年7月から9月までの間に福島から札幌に検査にきた4000?5000人に接している際に、子供が
鼻血を出しているという話を母親らから聞いたと述べた。

西尾氏はさらに、低線量被曝でも鼻血がでる現象はあり得るとしたうえで、「被ばくと鼻血は関係ない」「風評被害」と
する政府を批判。鼻血は現在の状況が原因で起きているわけではないとして、風評被害には当たらないという考え
を示した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(西尾氏)「鼻血は放射線のせいではないという結論を専門家が出した。とんでもない。がんの専門家もいないし、本
当の意味での放射線の専門家もいない。放射線を治療している人も誰もいない。

僕は3万人の患者さんを40年間治療して、日本一放射線の患者を扱った医者の一人です。放射線の光の部分もわ
かるし、影の部分もわかります。チェルノブイリの当時の新聞では、子供に体調異変が起こり大量の出血という報道
もされている。なぜこのような事実を隠してまで、風評被害と言っているのか。

風評被害にはならないです。今起こっていることではないですから。甲状腺がんは内部被曝そのものでしょう。外部
被曝ではないですよ。

鼻血はストレスによるものだともいわれていますが、鼻血というものは、ストレスでは出ない。メンタルケアの「いろは」
もわかっていない。ストレスで鼻血が出たという報告は全くありません」
(ツイキャス「FFTV5/23美味しんぼ記者会見」より 2014/05/23)
http://twitcasting.tv/fukuroufoe_tv/movie/65687662
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/



CML メーリングリストの案内