[CML 031550] 国民主権投票「安倍壊憲ノー」へのお誘い

毛利正道 mouri-m at joy.ocn.ne.jp
2014年 5月 26日 (月) 10:08:06 JST


   標高936m信州木曽駒高原からこだまする
         国民主権投票「安倍壊憲ノー」へのお誘い
                 2014年5月25日 
      「国民主権投票」推進母体 代表 毛 利 正 道(弁護士・64歳)

 本日、木曽町9条の会主催「壊憲か活憲か、あなたの選択は?」講演会が開催された
長野県木曽町木曽駒高原「木曽文化ホール」(標高936m)の席上、国民主権投票
「安倍壊憲ノー」の本日からの開始を宣言しました。
日本と世界からのあらゆるサポートを切望いたします。

http://mouri-m.mo-blog.jp/blog/2014/05/post_f122.html

この取り組みの趣旨
1 安倍首相は、10日前の5月15日、お友達による同日付私的懇談会「報告書」を梃子に、
短期間に憲法解釈による集団的自衛権行使容認を成就させる狙いを明示しました。
国民の過半数が反対している下でのこのやり方は、国民主権を真っ向から否定するもの
と言わざるを得ず、内容における憲法9条否定、改憲手続に求められる立憲主義否定とともに、
日本国憲法の根幹を破壊する暴挙と言わざるを得ません。
2 これに対し、憲法は、その前文で「日本国民は、再び戦争の惨禍がおこることにないよう
に決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する」と規定し、戦争を
起さないように闘う権利としての平和的生存権をも明記しています。このように、日本国民は
付与された主権を行使して、この国が戦争の道に突き進むことを阻む重い責務があるのです。
 今回の国民主権投票は、憲法が定めるこの主権を国民多数が行使する「活憲」によって、
上記策動からいまだ10日目というカウンターパンチと呼べる短期日のうちに開始させるものです。
3 ・・・・ 

具体的な国民主権投票運動の方法
1 投票方法
・投票する者は、家族、友人、知人、サークル、地域、職場、団体内その他あらゆるつながりを活かし、必ず、
 氏名(匿名可)を添えた、
 「安倍壊憲ノー」のテーマに沿う2人以上のひと言(意見など)集をつくる。 
 表題部に、「国民主権投票・安倍壊憲ノー」と明記する
ほかは、体裁・様式・用紙を問わない。
・少なくとも、2通つくり、
  1通は、安倍首相に郵送する
          (〒100-0014 千代田区永田町2丁目3−1  安倍首相)
  1通は、まとめ・集約用として、毛利に郵送する
               (できましたら募金もお願いします)
        (〒394-0005 岡谷市山下町1-21-24-101 毛利正道)
 ・できることなら、公明党を含む各政党本部、各居住県関係国会議員にも郵送していただく
2 広く募集しています 
 ・この行動を多くの方々に広めるにふさわしい呼びかけ人多数(実名・肩書必須)
 ・必要に応じて集約実務を分担できる、月に1~2回岡谷市内に来ていただける方
 各種お問い合わせ含め、
     いずれも毛利のメアドまでご連絡下さい。 mouri-m at joy.ocn.ne.jp
3・・・・ 


===================================================== 
毛利正道   mouri-m at joy.ocn.ne.jp 
出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/
〒394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは
tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065
===================================================== 



CML メーリングリストの案内