[CML 031515] 本日5.25「本当のフクシマ写真展 in とよなか」開催

山田敏正 toshi-y at kids.zaq.jp
2014年 5月 25日 (日) 07:42:22 JST


みなさま。

山田@どこでも誰でも放射能健診を実現しよう・北摂の会、です。


本日、5/25(日)、下記の要領で、『本当のフクシマ写真展』をおこないます。

お立ち寄りください。
また、スタッフとして、写真の解説や「どこでも誰でも放射能健診要求署名」集
め等にご協力ください。

・日時: 5月25日(日) 10:00〜16:30
・会場: とよなか男女共同参画推進センター・すてっぷ 視聴覚室
・アクセス: 阪急豊中駅すぐ隣=エトレとよなかビル5階
・入場料: 無料
・主催: どこでも誰でも放射能健診を実現しよう・北摂の会など、写真展実行
     委員会

以下呼びかけ文です。

 福島原発事故から3年が経過しましたが,今なお放射能汚染が続いています。
多くの人々がふるさとを奪われ,今なお避難生活を余儀なくされています。
そして福島県の健康管理調査ではすでに89人の子どもたちに小児甲状腺がんの発
症が確定(50人)または疑い(39人)と伝えられています(2014.5/17現在)。
まさにアウトブレイク(異常発生)です。
 しかし政府は原発事故の放射能汚染との因果関係を否定し,放射能による「健
康不安」はあっても「健康被害」の事実はないという立場を取り続けています。
このような中,今後一層,放射能による健康被害の拡大が懸念される状況にあり
ます。政府に対して原発事故の放射能による健康被害の現実を認めさせ,希望す
る全ての人への放射能健康診断の実施など必要な対策を今すぐとらせねばなりま
せん。
私たちは『希望するすべての人に放射能健康診断と医療補償を求める署名』運動
を100万筆を目標に取り組み,全国で77325筆集め,4/25政府に提出し
ました。この写真展はそのような取り組みを広げていくため,マスコミが伝えな
いフクシマの現実を伝えるために企画しました。
 なお写真は週刊MDS新聞社および「月桃の花』歌舞団から提供いただいてい
ます。

*****************************
山田敏正
toshi-y at kids.zaq.jp
放射能から豊中の市民・子どもを守る会
http://nonuketoyonaka.blog.fc2.com/
*****************************



CML メーリングリストの案内