[CML 031502] 本日6/24(土)「集団的自衛権は 日本にとって必要か 人権の観点から考える」@弁護士会館

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2014年 5月 24日 (土) 05:03:01 JST


紅林進です。 
 
    
 本日5月24日(土)、日本弁護士連合会などの主催で、東京・霞が関の 
弁護士会館で開催されます集団的自衛権についての下記シンポジウム 
のご案内を転載させていただきます。
     
(以下転載)
  
<集団的自衛権は 日本にとって必要か 人権の観点から考える>  
http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2014/140524.html

第一部 基調講演 「日本国憲法における憲法9条の位置づけ」  
      伊藤 真 氏 (日弁連憲法問題対策本部副本部長 - 弁護士) 

第2部 討 論  
【パネリスト】  
〇柳澤 協ニ 氏 (元内閣官房副長官補 一 国際士也政学研究所理事長) 
〇川上 高司 氏 (拓殖大学海外事情研究所長 ・ 教授)  
〇猿田 佐世 氏 (新外交イニシアティブ事務局長 ・ 弁護士)   
日時:2014年5月24日(土)13時~16時30分終了予定 
(開場:12時30分)

会場:弁護士会館2階 クレオ (地下鉄霞ヶ関駅B1-b出口直通) 
    地図http://www.softic.or.jp/map/map-creo.html 

入場無料 申し込み不要  
*定員に達した場合には入場いただけないことがありますのでご了承下さい。
 
主 催 
日本弁護士連合会・東京弁護士会第一東京弁護士会・第二東京弁護士会
お問合せ先〇第二東京弁護士会 人権課 TEL03-3581-2257  

*お子様連れの参加歓迎します。 *臨時保育所を設置します。 対 象 未就学児  
申込み 5月20日までに問い合わせ先までお電話下さい。  
* 健康状態によっては, 引き受けできないことがありますのでご了承下さい。  
* 当会では 本シンポジウムの内容を記録し、また成果普及に利用するため,  
会場での写真撮影及び録音を行うことがあります。 撮影した写真及び録音 
した内容はー 当会の会員向けの書籍のほかー 当会のホームページ  
パンフレットー  一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。  
また' 報道機関による取材が行われる場合ー 撮影された映像・画像はテレビ 
ー 新聞等の各種媒体において利用されることがあります。 撮影をされたくない 
方は' 当日、担当者にお申し出ください。 また' 主催者の許可なく写真撮影 
および録音・録画を行うことはお控え下さい。   


CML メーリングリストの案内