[CML 031478] 福島の避難者「現実みてくれた」 という見出しの記事と、この判決が地元のためでもあると理解が広がるよう

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2014年 5月 22日 (木) 13:16:47 JST


福島の避難者「現実みてくれた」 という見出しの記事と、この判決が地元のためでもあると理解が広がるよう 


転送・転載歓迎


京都の菊池です。

関西で
今日5/22木曜日
発行された
朝日新聞の朝刊
は、
第一面の記事目次に

福島からの避難者は歓迎30面

と掲げ、

その30面に

福島の避難者「現実みてくれた」 

と大きく見出しをつけ、

福島県から関西に避難してきている

避難指示区域からの避難者
と
区域外避難者
の二人へ取材し、

藤森かもめ記者が署名記事を書いています。

とてもうれしいです。

この30面は

経済より命

と大見出しを掲げ、

そして、
この避難者の記事

と

より重視した人格権

官邸前「命守れ」

という見出しの記事

で構成しています。

大切な記事だと思います。
機会がありましたら、ぜひお読みください。



※
記事目次に題として

福島からの避難者

は

歓迎


と書かれています。

原発立地地元住民とのねばり強い対話と共同が積み重ねられ、
いつか
この判決は地元のためのものでもあるとの理解が広がり、

福島からの避難者も歓迎
という題の記事が書かれる日に近づけばとも思います。


関西で
今日の新聞各紙の朝刊第一面を見たとき

毎日新聞が

第一面の真ん中に


「福島の教訓」重視


と大きく見出しを掲げていたことは大きく印象に残りました。



別件ですが、

朝日新聞記事目次
は

竹富町の単独採択可能に5面

も掲げていました。うれしかったです。

※光文社の週刊誌
「女性自身」
5/27号の
58〜64ページ
の
竹富町の記事を思いだしました。


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)





CML メーリングリストの案内