[CML 031467] 大飯原発差止訴訟勝訴報告院内集会5.23東京

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2014年 5月 21日 (水) 20:26:29 JST


前田 朗です。
5月21日

転送です。

http://www.datsugenpatsu.org/assembly/20140521/
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・
脱原発に向けた大きな前進!
ついに勝った!大飯原発差止訴訟!
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・
5月21日、大飯原発3.4号機の運転差止判決がいいわたされました。
2006年3月24日の運転差止判決(志賀原発2号機、金沢地裁井戸裁判長)
以来の勝訴判決となります。
司法も「原発安全神話」の中にあり、原発訴訟は国策である原発推進を追従して
きました。
3・11以降、初めての司法判断(本案において)は極めて大きな意味を持ちま
す。
政府の性急な再稼働への姿勢に対して、この判決は脱原発への大きな1歩となり
ます。
この判決を全国の脱原発のうねりにつなげるため院内集会を開催します。

■日時:5月23日(金)15:00〜17:30
※通行証14:30配布予定
■会場:衆議院第一議員 会館大会議室          
■出席:
原告団から:中嶌哲演★確認、奥出春行、松田正
福井「大飯原発3,4号機運転差止請求事件」弁護団、脱原発弁護団全国連絡会
から:笠原一浩・鹿島啓一・河合弘之・海渡雄一・内山成樹
ミサオ・レッドウルフ(首都圏反原発連合)、後藤政志(NPO法人APAST理事
長)、満田夏花(国際環境NGO FoE Japan)ほか
国会議員
■内容:裁判の報告・今後の動き
終了後は官邸前抗議行動に合流いたします。

┏┏ 共催:福井「大飯原発3,4号機運転差止請求事件」弁護団、脱原発弁護団全
国連絡会
┏┏ 問合せ:脱原発弁護団全国連絡会事務局 さくら共同法律事務所内 
03-5511-4386

※ご参考
▼福井から原発を止める裁判の会サイト
http://adieunpp.com/index.html





CML メーリングリストの案内