[CML 031439] 西野瑠美子さん講演会『日本人「慰安婦」と河野談話』5.24札幌

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2014年 5月 20日 (火) 16:47:38 JST


前田 朗です。
5月20日

転送です。

*****************************

西野瑠美子さん講演会
  『日本人「慰安婦」と河野談話』

◎日時:2014年 5月24日(土)16:00〜18:00
◎会場:札幌市教育文化会館4階 講堂(札幌市中央区北1条西13丁目)
◎参加費:予約・前売り1000円 (当日1200円)

お申し込み・お問合せ:ianfukaiketsu.hokkaido at gmail.com 
      TEL/FAX:011-711-1910 (12〜18時)

チケット販売場所・最新情報はこちらのホームページをご覧ください
http://ianfukaiketsu-hokkaido.jimdo.com/ 

主催:日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす北海道の会

*******************

☆★☆ 西野 瑠美子(にしの るみこ)さんプロフィール ☆★☆
フリージャーナリスト。
現在戦争と女性への暴力リサーチアクションセンター(VAWW−RAC)共同代表。
「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク(VAWW-NETジャパン)元共同代表、
「女た
ちの戦争と平和資料館」元館長。

早くから日本軍性奴隷制の問題に取り組み、故松井やよりさんと共に
日本軍性奴隷制を裁く2000年女性国際戦犯法廷を世界の女性たちと共に開催。
これを取り上げたNHK番組への政治的圧力による不当介入・番組改編問題に対
し原
告となる。
著書は「七三一部隊のはなし」(1994年)「薬害エイズを生きる」(1996年)な
ど多
数あり、
近著「戦場の『慰安婦』/拉孟全滅戦を生き延びた朴永心の軌跡」(明石書店)
で日
本ジャーナリスト会議2004年度「JCJ賞」を受賞した。
近編著に『「慰安」バッシングを越えてー河野談話と日本の責任ー』がある。

長いですが、以下、チラシの案内文です↓

 日本人「慰安婦」に関しては、軍関係の資料から日本人「慰安婦」の規模の大
きさ
を実感することはできますが、その徴集方法や人数、慰安所での実態、戦後の状
況な
ど、真相究明はかなり立ち遅れているそうです。
 女性国際戦犯法廷の準備会では、韓国側から「日本人『慰安婦』と朝鮮人『慰
安
婦』とは同じではない」という処女性とジェンダーを巡る議論が持ち出され、国
内で
は「日本人『慰安婦』は売春婦」「貧しさゆえ、自ら身を売った女たち」という
公娼
制度下の感覚を持ちだす意見が相次いだとか。
 日本人「慰安婦」についての聞き取り調査については元軍人に限らず、戦争体
験
者、慰安所関係者の高齢化が進み、聞き取りも困難を極めている状況が一層深刻
化し
ています。
 それを踏まえ、日本人「慰安婦」について、現在資料をもとに調査研究されて
いる
西野瑠美子さんに、お話を伺います。
 日本人慰安婦について学ぶことは、今も続く私たちの身近な性差別を見つめる
きっ
かけになるかもしれません。
 ぜひ、ご参加ください。





CML メーリングリストの案内