[CML 031419] 5.25 菅井益郎氏の講演ほか

石垣敏夫 motoei at jcom.home.ne.jp
2014年 5月 18日 (日) 23:23:09 JST


転送:先駆者菅井さんのお話です(石垣)

菅井益郎氏(国学院大学)の下記のような講演ほかが開催されます。

◆5/25放射能汚染下でのPRTR制度を考えるシンポのお知らせ
放射能汚染下でのPRTR制度を考える―
公害の歴史と有害化学物質規制原則に学ぶ―

日 時:2014年5月25日(日)午後1時半~4時半
場 所:明治大学駿河台キャンパス・リバティータワー1123教室
千代田区神田駿河台1-1 明治大学・リバティータワー12階
・記念講演 菅井益郎氏(国学院大学教授)
「公害史と原発事故に見る安全思想」
・パネラー
「食べ物の安全、予防原則こそ原則」
神山美智子氏(食の安全・監視市民委員会代表・弁護士)
「生涯を通じての被害をどう償うのか」
村田 弘氏(福島原発かながわ訴訟原告団・団長)
・コーディネーター 中地重晴氏(熊本学園大学教授・Tウオッチ理事長)

有害化学物質規制の原則から見た放射能被害防止のあり方について、
日本の公害史を見つめながら、考えてみます。
主 催:NPO法人有害化学物質削減ネットワーク(Tウオッチ)
参加申込及び連絡先:FAX 03-5627-7540 Email info at toxwatch.net
資料代 1,000円(会員500円)





CML メーリングリストの案内