[CML 031273] 前町長「鼻血は被ばくのせい」美味しんぼ最新号  

Yabuta Tohru ynntx at ybb.ne.jp
2014年 5月 11日 (日) 23:20:15 JST


藪田です

「鼻血」の話は、恐らく3.11後しばらくして広がったデマだろう。多分、誰かが最初に言い始めたら、「自分も」「自分も」ということになったのではないだろうか。

そのうちデマは、事実かのようになったのだろう。

とうとう、井戸川克隆前町長は、「美味しんぼ」(週刊ビッグコミックスピリッツ」の5月12日発売号で、鼻血原因は被ばくのせいと言いきってしまったそうだ。

それを言っちゃお終いよ。原発推進派は、小躍りして喜んでいるかもしれない。


************************************

http://www.town.fukushima-futaba.lg.jp/
双葉町 
http://www.town.fukushima-futaba.lg.jp/item/5924.htm#ContentPane
小学館発行『スピリッツ』の『美味しんぼ』(第604話)に関する抗議について  
(2014年5月7日更新)
本日双葉町は、小学館に対し厳重抗議を行いましたので、お知らせいたします。 

******************************

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140509-00010000-agora-soci


放射能デマ拡散者への責任追及を--美味しんぼ「鼻血」騒動から考える - 石井 孝明
アゴラ 5月9日(金)11時3分配信
3年経っても広がる妄想
小学館の漫画誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」の4月28日発売号の料理漫画「美味しんぼ」で、福島を訪れた主人公らが鼻血を出す場面があった。そして漫画中で双葉町の前町長の井戸川克隆氏が「鼻血はよくあること」と漫画中で述べた。(写真)これは漫画原作者雁屋哲氏と、周囲の人たちの「脳内現象」、「妄想」にすぎないだろう。ばかばかしい。
(略)


******************************
http://blogos.com/article/86120/
BLOGOS
記事 かさこ   2014年05月09日 21:03
漫画『美味しんぼ』鼻血騒動に見る健康被害より恐ろしい原発最大の問題点  
漫画『美味しんぼ』で、福島を訪れた主人公らが鼻血を出す場面があり、双葉町の前町長の井戸川克隆氏が登場し、「私も鼻血が出ます」、「福島では同じ症状の人が大勢いますよ。言わないだけです」
と発言した描写が問題となっているという。
(略)

****************************

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014051101001401.html
「美味しんぼ」鼻血原因は被ばく 前双葉町長が語る
   
2014年5月11日 18時24分  中日新聞

 東京電力福島第1原発を訪問後に鼻血を出す描写が議論を呼んでいる漫画「美味しんぼ」(雁屋哲・作、花咲アキラ・画)の連載漫画誌の最新号に、福島県双葉町の井戸川克隆前町長が鼻血の原因をめぐり「被ばくしたからですよ」と語る場面があることが11日、分かった。
 「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)の12日発売号では、主人公らとの会話の中で井戸川氏が「福島に鼻血が出たり、ひどい疲労感で苦しむ人が大勢いる」と指摘した上で「今の福島に住んではいけないと言いたい」と発言。
(共同)

*****************************

前町長「鼻血は被ばくのせい」美味しんぼ最新号
2014年05月11日 17時30分  2014年05月11日 17時30分 Copyright c The Yomiuri Shimbun

 週刊漫画誌「ビッグコミックスピリッツ」4月28日発売号に掲載された「美味おいしんぼ」(作・雁屋哲、画・花咲アキラ)の表現が風評被害を呼びかねないと議論を呼んでいる件で、続きにあたる5月12日発売号の内容が10日、明らかになった。

 福島第一原発のある福島県双葉町の前町長が語る形で、漫画の主人公らに「福島に鼻血が出たり、ひどい疲労感で苦しむ人が大勢いるのは、被ばくしたからですよ」と言うせりふを掲載。除染作業の難しさを大学准教授に語らせ、主人公に「除染ができないのでは、福島の復興と言っても難しい」と言わせている。

 同作を巡っては双葉町が、鼻血等の症状を訴える町民が大勢出ている事実はなく、一方的な見解のみを掲載しているとして出版元の小学館への抗議文を発表。環境省も、同原発事故の被曝ひばくと、疲労感や鼻血の多発の関係を否定している。また、小学館は同誌19日発売号でこの件に関する特集記事を掲載する予定。


CML メーリングリストの案内